脂性の人の誤った洗顔方法

肌が脂性だと、顔がテカったりべたついたりして、なんとも不快。
そして不衛生にも見えます。

実際に、それを放置すれば、毛穴に皮脂や汚れが詰まり、雑菌が増え、肌荒れやニキビといったトラブルにもつながります。

じゃあ、とにかく洗顔をすればいいね!

・・・といったら、それはまあ正しいのですが、脂性の人が特にやりがちなミスというものがあります。

それは、

  • 何度も洗顔する
  • ゴシゴシと洗顔する

といったもの。
特に男性の場合は多いかもしれませんね。

もし心当たりがあるなら、今日からでもやり方を変えたほうが良いです。

間違った方法では、余計に脂性な肌になったり肌が荒れたりしてしまうからです。

何度も洗顔すると、肌に過乾燥を招く!

何度も洗顔して過乾燥

まずはご自身の洗顔ライフを振り返ってみましょう。

  • 一日に洗顔をする回数はどれほどか?
  • 一回あたりの洗顔ではどのくらい洗うか?

では、ひとつずつ見ていきましょう。

一日に洗顔をする回数はどれほどか?

脂性な肌の人がやりがちなのは、

  • 朝・晩のみならず、テカリが気になるときに都度洗う

といったことです。

女性の場合は、メイクの都合などもあってそう頻繁には洗えないですが、男性の場合は、ノーメイクの人が多く、洗おうと思えばいつでも洗える状態です。

さらに、女性の世界では美容情報も豊富で、誤った洗顔方法について知る機会も多いですが、男性の場合はまだまだ情報量が少ないのが現状です。

だから、誤った洗顔をしてしまう脂性な男性は多いだろう、と私は思っています。

洗顔は朝・晩の2回程度におさえよう!

洗顔回数が多くなるほど、それだけきれいにはなります。

しかし、肌には、肌を守っている「皮脂膜」というものがあります。
これのお蔭で、肌は乾燥しにくくなり、また、花粉や塵などの異物をバリアできます。

洗顔回数が多くなると、必要な皮脂分まで奪ってしまい、皮脂膜の形成を阻害します

その結果、乾燥しやすくなり、また、刺激も加わりやすくなります。

ここで、

「乾燥するなら、脂性解決じゃん!」

と思ったら大間違いで、なんと肌は、乾燥すると、

「いけないいけない!このままじゃ肌が傷んじゃうから、皮脂を大量に出して守らなきゃ!」

と躍起になり、緊急的に皮脂を分泌し出すことがあるのです。

これがずばり、洗顔しているのにやまないテカリ・ベタツキの原因のひとつです。

したがって、洗顔は朝・晩の2回程度におさえておいたほうが良いでしょう。

  • 睡眠中の新陳代謝や皮脂による汚れを落とす(朝)
  • 日中に出た皮脂や汚れを落とす(夜)

というわけですね。

一回あたりの洗顔ではどのくらい洗うか?

今度は、一回あたりの洗顔回数に目を向けてみましょう。

さて、何度洗っていますか?

・・・理想をいえば、

  • 1回

がベストです。多くても2回でしょうか。

「脂でテカらないように、3回くらい洗っておこう」

と、洗顔を頑張ってしまう場合、それは逆効果になってしまいます。

これも先ほどと似たような理屈です。
必要な皮脂分を落とし切ってしまうことで、肌が乾燥してしまうのです。

すると、肌は緊急的に皮脂をたくさん分泌し、洗顔直後にもかかわらず肌が脂っぽくなってしまうのです。

メイクをしている方は、「W(ダブル)洗顔」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは、クレンジング(メイクオフ)と通常の洗顔を両方行うこと指します。

最近は、なるべく肌を乾燥させないよう、洗顔アイテムも改良されてきていますが、W洗顔もまた、一発洗顔に比べると肌への負担があります。

でも、汚れは落とし切らないとそれも肌に悪いので、メイクをしている方の場合、W洗顔はやむを得ないともいえます。

ゴシゴシと洗顔すると、それも過乾燥を招き傷もつく!

ゴシゴシ洗顔で過乾燥

脂性の人は、スッキリ感を得たいがために、洗顔時に肌をこすってしまう傾向にもあると思います。

しかしながら、その方法もまた、必要な皮脂分まで落とし、肌の乾燥を招いてしまいます。
さらに、摩擦によって、肌の表面に細かい傷がついてしまいます。

乾燥と傷のダブルダメージによって、キメがあらくなったり、赤みが出たり、ヒリヒリしたりしかねません。

ゆっくり、やさしく、さするように

忙しい生活を送っていると、どうしても洗顔を早く終わらせたくなるものです。

でも、急いでやることで細部まで洗えず、また力も入ってしまいます。
男性は元々力が強いので注意が必要です。

大切なのは、この3つ。

  • ゆっくり:深い呼吸をして時間をかけて行う
  • やさしく:力を入れずにあたたかい気持ちで行う
  • さするように:肌に触れるか触れないかくらいで行う

「たったこんな意識でいいの?」と思った方もいれば、「だっせ~」と思った方もいるでしょう。

でも、正しい洗顔方法とは、肌をいたわりながら行うことなのです。

正しく洗顔すると、「洗ったやったぜ!!」といった達成感は軽減されてしまうかもしれませんが、肌思いではあるのです。

洗顔料のタイプによって、洗い方が違う

上では大切な3つのポイントをお伝えしましたが、洗顔料のタイプによって、洗い方は少し異なります。

例えば、ショップの洗顔コーナーに多いのは、泡立てネットなどを使って泡立てて使う洗顔料です。

泡立てて使う物の場合は、泡立てずに使うと効果は半減してしまいます。
しっかりと泡を立てて、その泡で肌をなでるようにして洗っていく必要があります。

良質な泡洗顔であれば、細かな泡が毛穴を掃除してくれて、なおかつ肌への摩擦も軽くて済みます。

 ※ 泡立てネットは必須アイテムといえますが、元々泡で出てくるタイプの場合、泡立てネットは不要ですね。

一方、泡を立てないタイプの洗顔料の場合は、顔をスケートリングと見立てて、ゆっくりすべらせるようにして洗っていきます
うっかりしていると力が入ってしまうので、注意を払いながら行っていくわけですね。

泡を立てないタイプでも、泡を立てようとすれば立つことがあります。
でも、あまり濃密な泡にならなかったり、効果が薄れたりすることがあります。

説明書きのとおりに正しく使ったほうが効果があるでしょう。

洗顔後はそのまま放置しないことが大切!

洗顔後は保湿

洗顔後、「ああすっきりした」と放置しないほうが良いでしょう。

保湿すると余計にテカってしまうような気がするかもしれませんが、実は逆なのです。

以前に書いた記事「男の顔のギトギトテカリ!その原因と抑えるシンプル対策」にも書いてありますが、とにかく洗顔直後は保湿が命!

というのも、洗顔により肌が温まることで、肌の水分が蒸発しやくなっているからです。
また、いくら正しく洗顔しても皮脂は洗い流されていて、乾燥しやすい状態になっているからでもあります。

化粧水や美容液などで、しっかりうるおいチャージしてやる必要があるわけです。

私も、そういう情報を初めて知ったときには、

「うそだろ?保湿したら余計にべたつきそうなんだけど・・・」

と半信半疑でしたが、騙されたつもりで保湿を心がけたところ、皮脂の分泌量が減りました!

洗顔と保湿はセット!
・・・と覚えておかれると良いでしょう。

脂性の人におすすめなアイテムとは?

脂性におすすめなアイテム

基本的に、「この洗顔アイテムではないとダメ!」というものはありません。
肌に合うと感じれば、どれだって良いと思います。

しかし、

  • 洗顔アイテムは、洗浄力が強すぎず、保湿成分が入っていること

といったポイントは、おさえておいたほうが良いでしょう。

単刀直入に言うと、あまりに安すぎる洗顔アイテムは良くありません。
そういったものだと、

  • ヒリヒリする
  • つっぱった感じがする
  • 乾燥してしまう

といったようなトラブルが起こる可能性も高くなってしまいます。

ほんの一例ですが、
男性であれば、「ジゲン」のフェイスウォッシュはいかがでしょうか。

保湿料(フェイスジェル)とセットで使うことで、理想的なお手入れが可能です。
洗顔料は別のであっても、ジェルについては大変有用な保湿アイテムだと思います。

⇒ ジゲン(ジェル&ウォッシュ)公式サイトはこちら

女性向けのアイテムであれば、「あきゅらいず」の3ステップセットが良いかと思います。

洗顔、パック、保湿が可能ですが、特にハッカの香りのついたパックはリフレッシュ効果を強く感じるかもしれません。

ただ、洗顔&パックゆえに、2回洗いが必要です。
日焼け止めを塗っているときやメイクをしているときにおすすめといえます。

仮にすっぴん状態で洗っても、美容成分が豊富なので、2回洗いでも割と負担は軽いほうですね。

⇒ あきゅらいず公式サイトはこちら

まとめ

今回は、脂性の人に向けて、誤った洗顔方法の確認と是正についてお伝えしました。

最後に、簡単にまとめておきたいと思います。

  • 洗顔は、朝・晩の二回程度におさえておこう!
  • 洗顔一回あたり、なるべく少ない回数で終えよう!
  • メイク等しているときは、複数回洗うのもやむを得ない!
  • 洗うときは、ゆっくり、やさしく、さするように!
  • 洗顔後はすぐに保湿しよう!
  • 洗浄力の強すぎる洗顔アイテムは避けよう!

また、洗顔アイテムについては、下記の記事でも参考にしていただけます。

女性用を使いたい男性や女性は、下記の記事。

たかが洗顔、されど洗顔!
正しく行うことを癖にできるといいですね。

では、チュス!!