汗臭い男のためのデオドラント対策

「自分、汗臭いかも」と思ったときは、本当に汗臭いのではないでしょうか。

・・・と、いきなり挑発的な文から始めてしまいましたが、これには理由があります。

「自分は絶対に汗臭くない」と思っている人でさえも、汗臭いことがけっこうあるからです。
自分で自分のニオイを予感した場合は、なおのこと汗臭い確率が上がる気がします。

というわけで今回は、男のための消臭対策についてお伝えしていきます。

男性の場合は、女性に比べると強いニオイを発しやすいもの。
ニオイによって、仕事や恋愛でも、大きな損害をこうむることがあります。

しっかりと対策をして、クリーンな男を目指しましょう!

汗臭さをなくすには、2つの対策が必要

消臭対策、すなわち汗臭さを消したり体臭を軽減したりするには、大きく分けて次の2つの方法があります。

  • A、ニオイの原因となるものを消す
  • B、ニオイを発生を予防する

Aは、ニオイを放っている汗・雑菌を、洗い流したり拭き取ったりするというものですね。
これは、すでに多くの方がやっている対策なのではないか?と思います。

しかし、Aだけの方法では、一旦は良くなっても、やがてまたすぐに汗臭くなってしまいます。

そこでBの方法(ニオイを発生しにくくする)がポイントとなります。

Bは、制汗することだけでなく、雑菌を寄せ付けないようにしたり、保湿をして肌を健やかに保ったり、汗臭くなりにくい生活を送ったりする、といった対策です。

以下、A → B という流れを踏まえつつ、お話を進めていきます。

ニオイの原因となるものを消そう!

ニオイの原因を消す

汗臭さの原因となるものは、やはり「汗」と思いがちです。
しかし、そうではないんです。

汗臭いのは、雑菌のせい

汗には、エクリン汗腺から出るものとアポクリン汗腺から出るものの2種類がありますが、実は、どちらもほぼ無臭。

たとえばワキにはアポクリン汗腺が多く、実際ワキガで悩む人は多いものですが、そのニオイは汗そのもののニオイではありません。

ニオイが発生するのは、ずばり汗に含まれる成分を雑菌が分解することに起因します。

あと、皮脂の分解によってもニオイが出ますね。
男性は女性よりも皮脂が多いため、臭いやすい傾向にあります。

汗や皮脂を落とすことが大切!

汗自体は無臭であっても、ますやるべきことは、汗や皮脂を落とすこと。
汗や皮脂さえ減れば、ニオイの原因はとりあえず払拭できます。

アポクリン汗腺の汗のほうが、エクリン汗腺の汗よりもニオイの原因となりやすいため、アポクリン汗腺のある部位は念入りに洗いたいものですね。

その部位とは、ワキ、デリケートゾーン、へそ、耳の後ろなどです。
これらは割と強めのニオイが発生しやすい部位です。

これは男性も女性も変わりませんが、男特有の汗臭さは、主にワキからくることも少なくありません。

もちろん、人によっては、頭皮、顔、足からもニオイが出ますから、万遍なく洗うのが良いでしょう。

また、汗は 日がな一日かくもの。
外出先等では、時々、汗ふきペーパーでワキなどを拭き取るのも効果的ですね。

きれいにすることのメリットは、消臭だけではない!

ニオイの原因を洗い流すともたらされる結果は、一時的にニオイが消えることだけではありません。

肌表面が裸になるため、その後のスキンケアも奏功しやすくなります

ニオイの発生を予防しよう!

ニオイの発生を予防する

肝心なのは、ここからです!

ここを怠ってしまうと、どんなにキレイに洗っても消臭効果は期待できません。

さて、やるべきことは以下のとおりです。

  • 汗をかく前に制汗&殺菌する
  • 体質改善により汗の質を良くする

では、ひとつずつ見ていきましょう。

汗をかく前に制汗&殺菌する

洗ったり拭いたりした後に、なるべく早く制汗するようにすると、ニオイの発生を大きく阻止することができます。

制汗スプレーなどを全身に吹きかけるのも良いですが、ワキやデリケートゾーンなどは、ロールオンタイプやジェルタイプなどを使うとしっかり制汗できます。

 ※ ロールオンタイプとは、容器の先にロールが付いていて、直接塗れるタイプのものです。

多くの制汗・デオドラントアイテムには、抗菌・殺菌効果も備わっています。
汗や皮脂を分解する雑菌を抑制することで、ニオイの発生がしにくくなるのです。

たとえばですが、下記のアイテムがあります。
おすすめなものを2つ厳選してみましたので、ぜひご参考ください。

デトランスα

  • ロールオンタイプの強力デオドラント。男女兼用。無香料。
  • 汗と雑菌を抑制し、ワキガ、加齢臭、ストレス臭、加齢臭などを予防。

詳細はこちら
⇒ デトランスα

NULLデオドラントゲル

  • ジェルタイプ。男女兼用だがビジネスマン向け。無香料。
  • 汗と雑菌を抑制。ワキや足先の強いニオイだけでなく、肌に残る小さなニオイまでブロック。

詳細はこちら
⇒ NULLデオドラントゲル

体質改善により汗の質を良くする

体質改善は、長い目で見た場合、制汗よりもはるかに効果が見込まれます。
対策の中では重要な立ち位置を占めるものと捉えましょう。

ただ、口で言うなら簡単ですが、めんどくさいのが玉にキズ。

  • 日頃から定期的に汗をかく行動をとる
  • 食事に気をつける
  • ストレスを溜め込まないようにする

平たく言えば、「健康的な生活を送りましょう!」というわけです。

よく運動する人のほうが、汗の水分割合が多くなり、雑菌に分解される脂質やタンパク質の割合が減るそうです。

つまり、薄まるということ。

薄くてサラサラした汗のほうがニオイの原因になりにくいと言われています。

運動だけでなく、やや熱めのお湯に浸かったり、生姜のきいた食べ物を食べたりするのも良いでしょう。

食べ物は、動物性タンパク質や糖分の摂りすぎに注意。
これらを摂りすぎると、汗の質が悪くなってベタベタ汗になることがあります。

そして、現代人の大きな課題でもあるのが、ストレスです。

ストレスが溜まると、ろくなことがありません。
睡眠不足やヤル気の喪失につながり、体調不良や自律神経の乱れにもつながります。

それにより、汗の質の低下、免疫力の低下などが引き起こされ、ニオイの発生もしやすくなってしまいます。

洗濯物が汗臭いケースもある

洗濯物が汗臭いケース

汗臭いとき、本当に体から臭っているケースは多いもの。
しかしそうでない場合もあります。

たとえば梅雨の時期。
洗濯したての衣類が臭うことってありませんか?

あの汗臭さは、洗濯物に染みついている汗や皮脂、角質などを、雑菌が分解することで発生します。

洗濯時に汗や皮脂が完全に落とし切れておらず、なおかつ高温多湿な状態であることで、雑菌は増殖します。

  • 洗濯物は溜めこまず、その日のうちに洗う。
  • 洗剤を正しく使う。
  • 洗濯槽いっぱいにせず、余裕を持たせて洗う。
  • 酸素系漂白剤を試してみる。

などをおさえておくと良いでしょう。
定期的にクリーニングに出すのもニオイ対策になりますね。

どんなに無臭な人でも、汗や皮脂が出ています。
洗濯物が臭う事態は、どの人であっても起こりうることです。

汗臭い男は、社会ではダメな奴扱いされる!?

汗臭いとダメ扱いされる

汗臭い男性が好きな人は、そういないでしょう。
(逆も同じで、汗臭い女性が好きな人も多くないでしょう。)

むしろ、汗臭いとは、イコール、

  • 自己管理ができていない
  • 不潔

といったイメージを持たれやすいのではないかと思います。

当の本人は悩んでいても、まわりからの目はシビアです。

仕事だと、商談などでは損することがあります。
大切な交渉をしようとしても、相手に「うわーくっさー」と思われたら、その時点で不利な立場に立たされてしまいます。

同僚や後輩も、近寄りづらくて頼ってこなくなることもあります。

恋愛でも、汗臭さは災いをもたらします。
初デートは言わずもがな、気の知れた相手であっても、「一緒にいたくない」と思わせてしまう可能性があります。

夜の営みでも、汗臭さひとつで気持ちが萎えてしまうこともあるでしょう。

香水でごまかすという手もありますが、根本からケアをしないと、汗臭さと香料とがブレンドされたニオイになるだけです。

ニオイは誰でも発生しうるものなので仕方がないですが、きちんとケアをすれば、必ず改善します

小まめに、そしてコンスタントに続けていきたいものですね。

まとめ

今回は、汗臭さを気にする人にむけて、消臭対策をお伝えしました。

最後に、今回の内容をまとめておきたいと思います。

  • 汗臭さの原因は、汗に含まれる脂質などを雑菌が分解することにある!
  • 汗を洗い流したり拭いたりすれば、一旦は汗臭さが改善される!
  • 汗が出ないうちに制汗&殺菌をして、汗臭くなるのを予防しよう!
  • 健康的な生活を送って汗の質を良くしよう!

以上の対策を続けてもニオイが気になる場合は、一度皮膚科や内科等にかかってみてください。
ニオイは、皮膚や内臓の病気からくるケースもたまにあるようです。

また、ストレスや過度な緊張によるものなら、心療内科も視野に入れたほうが良い場合もあります。
心身症も、体臭などを強くしてしまうことがありえますからね。

では、今回は以上です。
チュス!!