男の長髪のメリット・デメリット

男だって長髪でいたい!

かつて私はそう思い、髪を背中の真ん中あたりまで伸ばしていたことがあります。カラーリングはしませんでしたが、やわらかなウェーブのパーマをかけていました。

自分でいうのもなんですが、とあるオバサマに、「艶やかで、頭頂に天使の輪っかがあってうらやましい」とジェラシーを抱かれたこともありますw

今はとある事情により短髪に戻してしますが、長髪のときは、それはそれで楽しかったですし、できればまたやってみたいですね。

ただ、男性の長髪には、実は大きな弱点もあります。

今回は、美容的な点を交えつつ、男性の長髪の日常面でのメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います!

もちろん個人差はあると思いますが、ぜひ参考になさってみてくださいね。

 ※ あと、私の体験談を交えているので、ちょっと主観的です。ご了承くださいm(__)m

デメリット

デメリット

先にメリットからお伝えしようと思いましたが、先に気分を下げて後で上げた方が良いかと思いましたので、先にデメリットからお伝えします。

これから長髪にしよう!という方は、デメリットを知った上で伸ばしたほうが良いでしょう。

手入れが面倒くさくなるかも

洗髪、ドライ、ヘアケアなど、まず手入れが大変になります。

洗髪のときは頭皮もきちんと洗うべきなのですが、髪がごわついてなかなか頭皮までシャンプーが行き届かなかったりします。そのため時間がかかります。

さらに、トリートメントなどを使わないと、髪が絡みやすくなったり手ぐしが通りづらくなって、髪も傷みやすくなりますね。

だから女性と同じようなお手入れが必要になってくるかもしれません。

ドライも同じ。髪が長い分時間がかかりますし、頭皮までしっかりと乾かすのは一苦労です。

朝の寝癖直しやセットも、短髪のときはささっとできますが、細かい絡まりをほどいたりするのに時間がかかります。髪が多い分面倒くさくなるでしょう。

 ※ ただ、ピーンと跳ねたりするのは、短髪のときよりは目立ちにくくなりますね。

頭皮トラブルが起こりやすくなるかも

しっかり洗えなかったり乾きが足りなかったりすると、皮脂が毛穴に詰まったり雑菌がわきやすくなり、頭皮の環境が悪くなります。

それゆえ、頭皮の乾燥が進んだり、ニキビふけかゆみにおいの発生などが引き起こりやすくなります。

特に男性は、女性よりも皮膚の水分量が少なく乾燥しやすい上、男性ホルモンによる皮脂分泌もあるので注意が必要です。

もちろん、日頃の食生活なども影響しています。脂っこいものを食べてばかりいると皮脂の量も増えてしまいます。ラーメンをよく食べる人は多いですが、要注意ですね!

そういうのも含めてきちんとスカルプケアができていれば良いのですが、面倒くさがり屋さんだと、ついその辺がおろそかになりやすく、頭皮トラブルに悩まされかねません。

頭皮の環境が悪化すると、髪の状態も悪くなってしまい、せっかくのロングヘアの魅力も半減してしまいます。

ハゲやすくなるかも

頭皮環境が悪くなると、抜け毛や枝毛などを誘発してしまうことがあります。

長髪にしている中年男性を見てみると、髪の薄い人が多いです。

ケアをしていてもハゲるときはハゲてしまうと思うのですが、もしかしたらケアがきちんと行き届いていないのも一因かもしれませんね!

頭皮が耐えられる髪の重さは、植毛クリニック検索サイト「Hairport」によると、

約130~180グラムの重さまで耐えられます。

http://www.shokumou-hairport.jp/hair/qa/qa10.html

とのことですし、量が増えれば増えるほど頭皮が傷みやすいことにも注意したほうが良いでしょう。頭皮環境が悪いと、なおのことですね。

解決策としては「徹底して、頭皮環境を良くしておく!」ということになります。

ケアとセットをきちんとしないとマイナスな印象になるかも

スカルプケア、ヘアケア、セットをきちんとやらないと、ボサボサになったりチリチリになったりツヤがなくなってがさついたりして、あまりよろしくない風貌になってしまいます。

それに女性って、男性の髪に対してもなかなかシビア。

ただでさえ、「男性の長髪はアリ? それともナシ?(気になるアレを大調査ニュース!「しらべぇ」) にあるようなアンケート結果になっていて、「気持ち悪い」「頼りない」といった印象を抱く女性もいます。

正直腹立たしいと思いますが、そこで腹を立てては男が廃れるので、きちんとケアとセットをして、清潔感のある状態にしておくのが最低限のエチケットといえるでしょう。

実際、私が長髪にしていたときも、「なんでロングヘアにしてるの?」と女性から訊かれましたが、その顔には「キモッ」と書いてありましたw

きちんとセットしていてもそうだったので、セットしていなければなおさらでしょう。

あと、似合う似合わないもあると思うので、その辺は美容師さんと相談したほうが良いです。

ただ、私の場合は、「ロングは似合わなそう」と言われることが多かったです。中には「いいね!」と褒めてくださった方もいますけどね!(お世辞?)

ファッションに困るかも

ファッションセンスに自信がないと、服装にもなかなか困ります。

どの服屋に行っても、基本は短髪男性を想定した商品になっているわけなので、長髪には合わなかったりするんですよね。

下手するとかなり野暮ったい感じになってしまいます。私なんか、親に「囚人みたいだな」と言われたこともありますw

私自身元々ファッションセンスが無いので良いアドバイスはできませんが、できれば店員さんやコーディネーターさんと相談して決められたほうが良いかと思います。

視線を感じやすくなるかも

「男=短髪」というのが、現代日本の常識です。そうは思いたくなくても、そう脳内に刷り込まれてしまっている人が多いと思います。

だからか、電車に乗っても買い物に行っても道を歩いていても、「うわッ髪長!」と、やたら視線を向けられるかもしれませんね。で、視線を向け返すと、たいてい目をそらされますw

就活などでも、よほど個性を重んじるところでない限り、おそらく曲者扱いです。とても肩身が狭い思いをするでしょう。

「人は外見で判断する」とよく言いますが、私が長髪にしているときは、それをありありと感じましたね。

髪もファッションであり、人となりです。

「人の目は全く気にしない!」というなら良いのですが、自分の進みたい道や人付き合いについてよく考えてから、長髪にする・しないを決めたほうが良いかもしれませんね。

悔しいですけどね・・・。

その他

頭皮環境を整えるため、美容院に行く頻度は多くなるかもしれません。

さほど髪を切らなくてもいい!っていうメリットはありますが、ヘッドスパとかトリートメントとかのスペシャルケアを受けることが多くなるかもしれませんね。

となると、お金がかかります。

自宅でのスカルプケアやヘアケアのためのアイテムも必要なのでその辺もお金がかかりそうです。

まあでも、その辺は短髪であっても必要なことなので、お金のことを特別気にするのはちょっと違う気もします。

ほか、当然、髪をしばったりすることも増えます。夏は暑いし、汗にビタッと引っ付いたりもするので、その辺ちょっと不快感がありますね。

以上のデメリットは、一度伸ばしてみるとなお具体的に分かると思います。

まだお伝えしきれていない点もあると思うのですが、それはやってからのお楽しみ(?)ということで・・・!

 ※ 私の場合、トイレで女性に間違われたこともあります!

メリット

メリット

さて、次はメリットです。

ここまで読んで、「長髪にするの、やめておこうかな(切ろうかな)」と思った方もいらっしゃると思いますが、ここから気分を上げていきましょう!

ケアにいそしめば、美的センスが磨かれるかも

何もケアをしないと意味がないですが、女性にも劣らずケアをきちんと行うと、男ならではのこだわり精神がうごめき、どんどん美的センスが磨かれるはずです。

私の知り合いの中年男性は、きれいなストレートロングの髪なのですが、女性から「どんなトリートメント使ってるの?」と訊かれ、「女性向けのホニャララニャララ」と答えたそうです。

美的センスを磨くということは、自分自身の自信やオーラを磨くということにもつながります。

嫌々短髪にして自分らしさを見失うくらいなら、長髪で潔く生きるのも悪くないと思いますね。

話が少しそれますが、昔、日本でも、男性が長髪にするのが当たり前の時代がありました。武士とかそうでしたね。

つまり、常識なんて流動的で、とても単純なものなんです。今は短髪の時代ですが、たかが思い込みの価値観です。

長髪にしたらしたで、堂々としていれば良いでしょう。

揺るがぬ自分を持っているように見えるかも

現代日本では、長髪にするというのは普通ではなく見られます。

私が入院したとき、看護師さんから「バンドマンですか?」と訊かれました。ほか、「フォークギタリストか何かですか?」と訊かれたこともあります。

そんな感じで、敷かれたレール上にはいない人に見られやすくなるかもしれません。

良い風に言い換えば、自分なりの世界を持っているようにも見えるということですね。

いちいち世間様を気にしている人は、なかなか長髪にしないでしょうからね。

どこか守ってあげたくなるように見えるかも

これは個人差が大きいかと思います。

ただのモサモサな風貌ではいけませんが、きちんと身なりを整えている長髪男性は、あまり「男!」という感じはしにくいですよね(特に標準体型の日本人の場合)。

私は実際に女性に間違えられたことがあるくらいですから、やはりそう見られがちってことです。

現代では多くの女性は短髪の男性を好んでいるみたいですが、長髪男性を好む女性も一定数いるはずです。

そういう女性は、もしかしたら、母性本能のようなものがくすぶられているのかもしれませんよね!

似合えば、女性よりも美しくオシャレに見えるかも

これは長髪が似合っている人限定ですが、女性よりも美しくオシャレに見えるケースもあるかと思います。

長髪男性ならではのセクシーさ・・・。
そして、女性では決して醸し出せない、力強くも妖艶な美があるはずです。

アニメの長髪男子キャラクターとかでも、たまに美形がいますね。

アニメ好きな女性の中には、そういったキャラクターが好きな人はいるはずです。そういう人からは、美しい長髪男性の評価は高くなると思います。

ただ、似合っていない場合やケアが行き届いていない場合は、逆効果にもなりかねないので要注意ですね。

やさしい気持ちになれるかも

これは私が感じたことで、ほかの長髪男性にも言えるかどうかは分かりませんが、なんとなく、そんな気がします。

私が長髪のときは、心がピンク色のようにふわっとやさしい感じだったのですが、短髪にしてから、急にその色が水色のような寒色系に変わりましたw

ファッションで気分が変わるとはよく聞きますが、髪も同じですね。

やさしい気持ちですと、所作もどこかちょっと中性的or女性的になったりする気がします。

先ほども登場したストレートロングの中年男性は、筋肉ムキムキで男性的な人ですが、その人でさえ、どこか中性的な側面も持ち合わせている(ように見える)んですよね(実際、やさしい人です)。

エクスタシーを感じるかも

主観的なことばかりですみません!
そして謎めいた発言、ゴメンナサイw

もうね、こればかりは言葉で言い表せない!
実際に経験してみないと分からない感覚かもしれません。

エクスタシーの意味は、ぜひ Wikipedia 等で確認なさってみてください。

色んな意味合いがありますが、私は芸術的な意味合いとして使っています。

なお、このエクスタシーが病みつきになるんですよね。

だから、いったん髪を伸ばしてしまうと、なかなか切ることができません(少なくとも私はそうでした)。

その他

髪のアレンジを楽しむこともできます。

女装の趣味がある人でしたら、それもあわせてやってみても面白いかもしれませんね!

あと、個性が必須な仕事に就くときなどは、長髪というポリシーを貫くと、自分らしさを保てるようにも思います。

あ、そうそう!冬とか、首元がけっこうあったまりますよ♪ 冷たい風が吹いてきても防御してくれます。

ほか、「朝のセットが楽」と感じる長髪男性もいらっしゃるようです。たしかに、短髪のときより寝癖が目立たないので、その点はメリットといえるでしょう。

直射日光とかも、短髪のときに比べて当たりにくいので、頭皮の日焼けも若干マシになるかもな~という気もしますが・・・、やっぱり紫外線は髪や頭皮の敵ではありますね。

まとめ

長くなってしまいました。しかも主観的なお話ですみませんでした。

今回の内容をまとめると、こうなります。

デメリット

  • 手入れが面倒くさくなるかも
  • 頭皮トラブルが起こりやすくなるかも
  • ハゲやすくなるかも
  • ケアとセットをきちんとしないとマイナスな印象になるかも
  • ファッションに困るかも
  • 視線を感じやすくなるかも

メリット

  • ケアにいそしめば、美的センスが磨かれるかも
  • 揺るがぬ自分を持っているように見えるかも
  • どこか守ってあげたくなるように見えるかも
  • 似合えば、女性よりも美しくオシャレに見えるかも
  • やさしい気持ちになれるかも
  • エクスタシーを感じるかも

 
長髪にするからには、中途半端はNGだと思います。

手入れせずに長髪でいることは楽は楽。

でも、美しい長髪を保つには、女性と同じ・・・いや、それ以上の美意識が必要かもしれません。

まあ、挑戦したい方は、まずは軽い気持ちで試してみてはいかがでしょうか?

伸びるまでの途中がちょっとダサくなって大変かもしれませんが、伸ばした人しか分からない境地っていうのがあると思います!

では、チュス!!