冬に頭が臭い

冬になるとプワ~ンと頭がにおう人が増えます。

私自身も、冬が近づくと枕のにおいが気になりますし、付き合っていた元カノも、冬、頭から いかにも納豆のようなにおいがふわっとにおってきたことがあります(案外好きなにおいでしたけどねw)

さらに、(わが父の頭が臭いのは言うまでもないですが、)母ですら、車の後ろに乗せてもらったときなど、運転席から後ろまで頭皮っぽいにおいが漂ってくることがあります。

冬の場合、その頭の臭いの原因は、主に「乾燥」にあると言われています。

今回は、乾燥が臭いを招くワケや、臭いを軽減するための対策についてお伝えします。

これ以上、「頭 臭いね」って思われないようにしましょう!

乾燥が頭を臭くするワケ

「頭が臭い」ときくと、皮脂やら汗やらが頭皮にたまっているようなイメージがあるかもしれませんが、冬の場合の原因の大元は「乾燥」です。

では、なぜ乾燥が頭を臭くしてしまうのかというと、それこそ、

  • 皮脂の過剰な分泌を促してしまうから
  • 頭皮の自浄作用が落ちてしまうから

です。

乾燥すると、頭皮の皮脂が増える!

乾燥による皮脂の分泌

頭皮のみならず肌全体に言えることですが、乾燥を招くと、外から刺激を受けたときにダメージが大きくなりやすくなります。

というのも、普段は、肌・頭皮の表面にあるうるおい膜が、バリア役を担っているからです。

しかし、そのうるおい膜が減る(=乾燥する)と、肌は傷付きやすくなりますので、何とかして守ってやらなければならなくなります。

すると肌・頭皮は、「いけない!皮脂をたくさん出して、肌を守らなきゃ!」と、たくさんの皮脂を分泌するようになります。

頭皮が弱り、自浄作用も低下してしまう

皮脂がたくさん出れば、それで乾燥が防げるような気がしませんか?

たしかにそうかもしれませんが、頭皮は元々乾燥してしまっているわけなので、非常に不安定な状態といえます。さらに、皮脂が多く出すぎると、頭皮は汚くなり、毛穴に詰まりやすくなります。

人それぞれでトラブルの起こり方も色々だと思うので、「あなたの頭皮はこうなっています!」とは決められませんが、私の場合は、

  • 頭皮がピンク色になってしまっていた
  • 毛穴付近に黄色い汚れがたまっていた

といったトラブルが見られたことがあります(美容院にて、スコープで確認してもらいました)。

それは、頭皮の乾燥、皮脂過剰、汚れを意味しています。

頭皮の環境が悪く、不安定で、あまりすこやかな状態とはいえませんね。

不安定な頭皮だと、頭皮が自分で毛穴を掃除するといった作用も低下し、汚れはたまる一方です

汚い頭皮だと、皮脂臭や雑菌臭が発生する!

雑菌の繁殖

皮脂がコテコテになっている汚い頭皮だと、皮脂が酸化してすっぱい臭いが発生したり、雑菌が増えて異臭を放ったりすることがあります。

頭皮は、特に髪があって蒸しやすく、雑菌もわきやすい傾向にあるでしょう。

だから余計に臭いが生まれやすくなるはずです。

頭皮の乾燥を放置するとまずい!

「冬がすぎるまで待とう」というのも、頭皮の乾燥をやめさせるための一方法かもしれません。つまり、時間で解決!ってわけですね。

しかし、その方法はあまりおすすめできません。

上でもお伝えしたように、頭皮の乾燥を招くと、頭皮の環境や状態は悪くなってしまうからです。一度悪くなった頭皮を元通りに整えていくには、相当の労力を要します。

第一、冬を越すあいだに、あらゆるトラブルが引き起こりかねません。

そのトラブルとは、

  • ニキビが増える
  • フケやかゆみが増す
  • 抜け毛が増える
  • 髪が細くなる

といったことを指します。

特に男性の場合だと、それはもう大きな不安材料となります。

髪が薄くなったりすると、それだけで日々のモチベーションも下がってしまいますし、当然、人から見られる印象も大きく変わってしまいますね。

それだけで人生は大きく変わります。良くなるか悪くなるかは、カミのみぞ知るところですが、まあ、幸先不安ですよね。

いわゆるハゲは、遺伝的な要素も関係しているようですが、頭皮の環境をきちんと整えてこなかったことも、原因のひとつだと言われています。

しかも時間差でやってくるのでタチが悪い!

「まだ大丈夫」とは思わず、早め早めに対策を打っていくことが大切だと思います。

こんなことをしていたらさらに臭くなる!

頭が臭いときにやりがちなことを挙げますので、確認してみましょう!

  • 洗浄力が強いシャンプーを使い、力を込めて洗う
  • においをごまかすためだけに整髪料を必要以上につける
  • 頭に香水をふりかける
  • ドライヤーを正しく使っていない

当てはまるものが多いほど、頭皮環境が悪くなり、においの発生をうながします。

以下にて対策をお伝えするので、ぜひ今日から取り組まれてみてくださいね!

洗浄後、しっかりと保湿を行おう!

冬に頭が臭い場合の対策としては、

  • 頭皮にいいシャンプーで汚れをきちんと落とす
  • 頭皮の保湿をしっかりと行う
  • ドライヤーを正しく使う

といったことが必要で、特に保湿は重要な作業となります。

頭皮にいいシャンプーで汚れをきちんと落とす

シャンプー

先ほどお伝えしたように、頭皮には汚れがたまっている可能性があります。臭いということは、もしかしたら皮脂や雑菌がたまっているのでしょう。

そんな汚い頭皮では、保湿をしても効果は半減してしまいます。

まずはきちんとシャンプーして、頭皮の汚れを落としてやることが大切ですね。

シャンプー時のポイントは、

  • お湯をあまり熱くしないようにする(37度くらいがベスト)
  • 洗浄力がありつつも、刺激の少ないシャンプーを使う
  • ワックスをつけているときは念入りに洗う(必要に応じて複数回洗う)
  • 髪よりも頭皮を意識し、急がずに洗う

です。やたらめたら、強く(何度も)洗えば良いわけではありません。

熱すぎるお湯だと頭皮に負担になりますし、過剰な洗浄は頭皮の過乾燥を招きます

シャンプーも、男性女性問わず、洗浄力は重視したいところです。が、ただただ強いものはいただけません。最低限の汚れは落とせて、なおかつ頭皮にやさしいものを選ぶことが大切ですね。

しっかりと保湿することが乾燥防止になる

保湿

シャンプーをしてきれいな頭皮になってこそ、保湿の効果もきちんと感じることができます。毛穴が詰まっていては、保湿成分も浸透しませんからね。

シャンプーした後は、なるべく早い段階で、ローションなどを頭皮につけて、深呼吸しつつ指の腹でゆっくりマッサージしていくと良いですね。

使い方はさまざまですが、ドライヤーで乾かす前に保湿するのが良いと思います。気になる場合は、後からも行うと良いですかね。

 ※ 説明書があれば、それに従いましょう!

この保湿という作業は、とても面倒です。一分、一秒でも早く寝たいとき、正直、サボりたくなってしまいますね(^^;)

でも、やったほうが身のためです。

へそを曲げて「俺はみんなと違うからやらなくてもOK」と考えていると、時間差でトラブルがやってきてしまうかもしれません。

私の友人は、以前、

「保湿とか色々あるけど、そうやっていじるから、みんな薄毛になるんだと思うよ」

と言っていました。

でもですね、その頃には彼、少し分け目が目立つようになってきていたんですよ。

それから1年ほど経ってからのこと。薄毛が以前にも増して進行し、頭皮が見えやすくなりました。フケもたくさん付いて・・・。

彼は「そろそろ気にしなきゃいけないかな」と言うようになりましたが、もう「後悔先に立たず」ですね。これからケアを頑張ってやっていったほうがいいですね。

ドライヤーは遠めに使い、しっかり乾かす

ドライヤーで乾かすときは、20cmほど放した位置で使うようにしましょう。近いと、髪や頭皮が熱されてオーバードライになってしまいます。

また、半乾きだと、雑菌の温床となり、においの原因となります。十分に乾かしてやることが大切ですね。

髪が長い人だと、乾かすのは非常に面倒だと思いますが、しっかり乾かしましょう。面倒すぎてありゃしない場合、短くするのも手ですね。

私は男ですが、かつてロングだった頃があります。正直、乾かすのが大変でした(^^;) 短くしたら、ショートヘアのありがたみを感じるくらい楽になりましたw

頭皮の臭いケアに良いアイテム

頭皮の臭いケアをするには、それに見合ったアイテムを使うことも大切です。

ここで例をあげてみますので、ぜひ検討なさってみてはいかがでしょうか?

地道に洗浄・保湿をするなら「メソケアプラス」

頭皮の洗浄と保湿

まじめに頭皮を洗い、しっかり保湿をしていくには「メソケアプラス」の、

  • 薬用スカルプフォーマットシャンプー
  • スカルプリブートローション

セット使いが良いと思います。

低刺激かつ保湿力を持ちながらも、汚れやにおいの源をきちんと落とすことが可能。そしてローションを揉み込み、頭皮を整えていくことになります。

容器のデザインは白く地味です。よって、女性・男性を選ばないといえます。が、天然香料としてメントールが使われているので、好みは分かれそうですね。

詳細については公式サイトでご確認ください。効果的な使い方についても書いてあります!

⇒ メソケアプラス公式サイト

髪が気になる場合はアデランス「ヘアリプロ」

ハリコシアップ

頭のにおいやベタツキのみならず、薄毛やボリューム不足が気になる場合は、アデランスの「ヘアリプロ」を考えてみるのも良いと思います。

  • 薬用スカルプシャンプー(oily)
  • 薬用スカルプキープ ←コンディショナー
  • スカルプグロウF ←薬用育毛剤

セットで使うことで、本格的なスカルプ・ヘアケアを行うことができます。

保湿ローションたる名のアイテムはないですが、スカルプグロウFには、ビワ葉エキスやカンゾウ葉エキスなどの天然植物由来の保湿成分が含まれています。

「アデランス??ちょっと大げさだろう」と思っても、トライアルセットがあるので、まずは一度試されてみてはいかがでしょうか。

育毛剤を塗ったときは、マッサージをして血行を促進することで、効果的なケアが可能でしょう。

⇒ アデランスのヘアリプロ公式サイト

においケアに集中するなら「クリアハーブミスト」

においケア

シャンプーなどは特に必要なく、とにかく頭のにおいをどうにかしたい場合は、「クリアハーブミスト」という頭皮用美容液を使われてはいかがでしょうか。

 ※ フレグランスではありませんので、そこは注意しましょう。

ローズマリーエキスが皮脂バランスを整えることでにおいを抑え、和漢成分がうるおいを与えます。

女性に向けたアイテムですが、それはあくまで商品アピール上の問題であり、実際のケアは男性でもOKです。

ただ、高額な美容アイテムなので、簡単には手を出せない点が大きなネックかと思います。

ある程度お金に余裕が無い方は、公式サイトはご覧にならないほうが良いかもしれません。欲しくなってしまいますので(^^;)

⇒ クリアハーブミスト公式サイト

まとめ

以上、冬に頭が臭いときの原因や対策についてお伝えしました。

今回の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 頭皮が乾燥するのが大元の原因である
  • 乾燥すると皮脂が増えたり不安定になる
  • 頭皮環境が悪いと、皮脂の酸化した臭いや雑菌臭を放つ
  • 洗浄・保湿と、しっかり乾かすことが大切
  • ふさわしいアイテムを使うことも欠かせない

頭皮のケアはなかなか面倒で、効果を実際に感じるようになるまで、長い期間を要することもあります

めげずに、コンスタントにケアを続けていくことが、悩み解決の秘訣といえましょう。

なお、度の進んだ皮膚炎由来のにおいや抜け毛の「治療」ということになれば、自宅でのセルフケアでは足りないので、頭皮専門の皮膚科等を受診されることをおすすめします。

では、チュス!!