スキンケアをやめたら

男性よりも女性に多い気がするのですが、「スキンケアをやめたら肌はどうなるのか?」と思っている人もいるでしょう。

スキンケアをやめることを「肌断食」(はだだんじき)といいますが、やたら勧めている人もいるし、やめとけって言っている人もいますよね。

でも、答えは非常に簡単です。

どうなる? → わ・か・り・ま・せん!

分からない

肌断食について調べてみると、多くの美容系サイトにて、そのメリットやデメリットについて詳細に解説がなされています。

そういうのを読んでいると肌についての知識が深まりますし、「へ~!こうなるんだ~」といった感想を抱いたりすると思います。

でも、スキンケアをやめたら肌がどうなるかなんて、実際にやってみないことには わ・か・り・ま・せん!

どうせ肌断食しないつもりでしょう?

肌断食についての解説を読んでいると、ふむふむと読み入っていくと思います。
多少長い文章でも、興味深く読み切ることができたりしますよね。

読み終わった後は「読んだぜ!」という気分になれるし、ひとつ賢くなれます。

ところが実は、現実的には何も進んでいないのです。

「肌荒れになる可能性がある」「ごまかしのない本来の肌になる」といった意見があったり、逆に「キレイになった」といった声もありますが、それらを読んでも、いまいち明るい未来が想像できず、きっと肌断食に踏み込む人は少ないと思われます。

むしろ、読んで知識だけ得たつもりになって終わりです。
ましてや「肌断食のことは忘れて、今書いてあったスキンケアをきちんとやることにしよう」と心変わりしてしまったりします。

結局、スキンケアをしないことに興味はあるけれど、案外どうでも良く考えている人が多いような気がします。

気になる or 本気なら、とにかく実行すべきである

「スキンケアしないとどうなるか」「一度肌断食したいんだ」と強く思っているのであれば、とにかく実行に移すことが大切でしょう。

誰々はどうなったとかという情報は、参考にはなってもアテにならないです。
自分の肌がどうなるか?といった「結果」を知りたくば、実行(実験)するしかない

実行せずして結果は分かりません。

本当にどうなるか気になるなら、今すぐにでも始めてみましょう!

肌断食の仕方

肌断食の仕方

肌断食といっても、人によっていろいろな考え方があるようです。
また、今この記事をお読みになっている方も、人それぞれでどの程度まで肌断食したいかは異なっているのではないでしょうか。

そのため、一概に「こうしましょう!」とは言えません。

でもそれではラチが明かないので、主な仕方をあげておこうと思います。

ただ、肌がどのような状態になっても私は責任を負えませんので、あしからず m(__)m

【パターン1】スパッと全部やめる

まず一つ目は、「スパッと全部やめる」といった方法です。
これぞ、真の肌断食です。

洗顔も保湿も日焼け止めもメイクも一切せず、なおかつ肌にやさしい生活も特に心がけず、日傘も差さず、肌のことは何も考えずに過ごされると良いと思います。

ただこの方法、洗髪などをするとなると、自然に顔に湯などを浴びることになるので、事実上ほぼ困難といえます。
ストイックに行うなら風呂にさえ入らないことになってしまいますね。

【パターン2】ぬるま湯洗顔だけはする

「さすがに洗顔までやめるのは気が引ける」という方は、ぬるま湯による洗顔だけ行うと良いかと思います。
あとのスキンケアは特にしません

ぬるま湯でもある程度の洗浄力があるため、肌を清浄に保つという点では、完全な肌断食よりは安心かつ手軽な方法といえますね。

【パターン3】洗顔と日焼け対策だけはする

上に書いたぬるま湯洗顔に加え、日焼け対策をする方法もアリだと思います。

日焼け対策には、日焼け止めを塗ったり日傘を差したりといった方法がありますが、今回はあくまで日傘による対策を指します。

日焼け止め(あるいはUVカット成分入り下地など)だけは最低限塗るべしといった肌断食法もありますが、塗ったものは必ず洗顔で落とす必要が出てきます。
洗顔料を使わないと落ちてくれないことが多いので、こだわるなら、日焼け止め塗布は肌断食に不相応といえます。

どうしても日焼け止め効果を得たい場合は、飲むタイプの日焼け止めを試してみる手もあります。
たとえば下記の物です。

⇒ 飲む日焼け止め〈BISET WHITE〉

【パターン4】生活改善まで行う

ぬるま湯洗顔と日傘に加え、食事や睡眠に気をつかったりする方法です。

肌や体の健康を考えた場合、この方法が最も安心して取り組める肌断食かと思います。

といいますか、肌断食をしようと考えている人は健康への意識も高いと思われるので、上のパターン3などの方法を実行しても、自然とこのパターン4の方法になってしまうような気がしますが、いかがでしょうか。

やるなら今日から!夏だろうが冬だろうが関係なし

やるなら今日から

先ほども申しましたように、とにかく実行してみることが大切です。

「夏だから、毛穴に皮脂や汗の汚れが詰まっちゃうかもなあ」
「冬だから、過度に乾燥して肌が荒れたりニキビができちゃうかも」

と考える人もいるかもしれませんが、そういう結果になったらそういう結果になったで良いと思います。
それこそ、スキンケアをやめてみた結果といえるからです。

結果的に「やらなければ良かった」と思い至ったら、スキンケアを再開すれば良し。
逆に「やって良かったかも」と思い至ったら、引き続き様子を見てみれば良いですね。

「マイナスな結果になったら絶対イヤ」と思ってしまうのであれば、はじめからやらないでおくのが精神衛生上よろしいかと思います。

ただその場合、新たな発見をする機会を損失することにも一応なってしまいますね。
実際に肌断食して思いのほか肌が整えば、当然アタリクジを引いたといえますから。

まとめ

今回は、スキンケアをやめたらどうなるかについてのお話でした。

最後に、ポイントを整理して終わりにしたいと思います。

  • どうしても気になる or 本気 なら、とにかく肌断食の実行あるのみ!
  • 【パターン1】スパッと全部やめる!
  • 【パターン2】ぬるま湯洗顔だけはする!
  • 【パターン3】洗顔と日焼け対策だけはする!
  • 【パターン4】生活改善まで行う!
  • 肌がどういう状態になっても、それこそ「どうなる」の結果である!

今回の件に限らず、探求心を持って過ごすことは大切ではないでしょうか。

ネットには色々な情報が溢れていて、たしかに参考になりますが、自分自身のケースだとどうなるかは、実際に取り組んでみないと分からないことも多いです。

時間とお金と労力がかかわってくると石橋を叩いて渡ってしまう、その気持ちも大変よく分かります。
でも、新たな発見は、実際に行動に出た人だけが勝ち取ることができます(当然、何かを失うリスクもあります)。

今回は、そういった意味での肌断食のススメでした。

では、チュス!!