お昼に歯磨きをする時間がない

歯磨きは大切。朝も昼も夕方も夜も。
歯の健康のためには、10分くらい時間をかけて丹念に磨く必要があるそうですね。

そうだと頭では分かっているつもりなのに、お昼はなかなか歯磨きができないときがあります。

たとえば、出先。
あっち行ったりこっち行ったりと移動していると、歯磨きする時間がない!

オフィス勤めの人でも、仕事が舞い込んできたりして歯磨きできないことが、けっこうあると思います。

ほかには・・・、法事とか接待とか。
挨拶したり食事をふるまったりしてバタバタしていると、とても歯磨きどころじゃない!

そんな経験は、誰でもあると思います。

そこで私は、ある対策を考えました。
といっても、そんなに目新しいことではないですが、ぜひ参考にしてみてください。

歯磨きできないときの三大対策

私がよくやる三大対策。
それは、以下のとおりです。

  • ツバを意識的に出す
  • 舌で磨く
  • マウスウォッシュでうがいする

では、一個ずつ解説していきます。

ツバを意識的に出す

ツバを意識的に出す

何と言ってもツバ。これ大事です。

ツバには、天然の消毒効果や洗浄効果があります。
ツバが足りないと、口内のカスが流れにくくなり、また乾燥を招いてしまいます。

口臭対策にも、「ツバをよく出す」というのがあります。
歯磨きできないときの対処としても、それと同様に、私はツバを出して少しでも口内をキレイにしているつもりです。

果たしてどこまで効果があるのか。
その辺は定かではありませんが、私の経験上、ツバを出してそれを飲み込む(あるいは出す)だけでも、ずいぶん口内がスッキリします!

◆ツバの出し方◆

私流のツバの出し方は、

  • 塩辛い or すっぱいものをなめたことを考える
    :レモンや梅干しなどを口に入れたことを想像します!
  • 舌を硬口蓋に押し当てる
    :硬口蓋とは口の中の天井の硬い部分のこと。そこに舌をギュッと当てて唾液腺を刺激すると、奥のほうからツバがジュワ~っと!(唾液腺が刺激されやすいため)
  • 爽やかな石けんのニオイを嗅ぐ
    :これは人にもよるかも?深呼吸したくなるような爽やかな石けんの香り(カウブランドの「牛乳石鹸」など)を嗅ぐと、私の口の中にはツバが溢れてきます!(人によっては食べ物の匂いとかでもいけるかも!?)

といったものです。

万人向けかは分かりませんが、一度試してみてはいかがでしょうか?
(とはいえ、牛乳石鹸をいちいち持ち運ぶわけにはいきませんけどね^^;)

舌で歯を磨く

舌で歯を磨く

歯の隙間に挟まったカスなどは、舌で地道にとるようにしています。
舌の表面を傷つけると味覚が悪くなるらしいので、力を抑えながらやる必要があるのが面倒ですね。

舌は、慣れないうちはとても動かしづらいと思いますが、何度かやっているとしなやかな動きになります。

舌を動かすことは、口の周りの筋肉のトレーニングもなり、老化予防に良いとの評判もありますね!

マウスウォッシュでうがいする

マウスウォッシュでうがい

今回の対策の中で一番効果があるのが、マウスウォッシュ(洗口液)でのうがい。
ちょっとでも時間があるなら、お手洗いに行ってササッとやりたいところです。

マウスウォッシュがないなら、水で代用です。

効率良く汚れ(カス)を浮かして洗い流せますし、口臭予防にもなりますね。

私が最近購入したのは、「ナダデウォッシュ」というものです。

それ、聞いたことがある人も多いかもしれませんね。
CMとかで、よく道で人にクチュクチュやってもらって、「口の中はこんなに汚かった!」ってやってるやつですw

あれを堂々とテレビで見せられるなんて、強靭な神経をお持ちですよね(^^;)
私はシャイ(のつもり)なので、とても恥ずかしくてできません・・・。

なお、私が買ったときは、マスカット、ミント、クールミント、バラの4種から香りを選べましたが、私はミントとバラの2種にしました。

今はどんな香りがあるか分からないので、気になった方は下記公式ページで確認してみてくださいね。

⇒ 薬用ナタデウォッシュ

上記以外の対策

ほかにも、

  • ブクブクうがいをしばらく続ける
  • ブレスケアフィルムのようなものを使う(歯がキレイにならないが息スッキリ)
  • カスがつきにくい食事をする
  • つまようじや爪でカスをとる(爪が不衛生なときはあまりおすすめしませんが)

といったものが思い付きました。
でも、どうせ時間がかかることをするなら、素直に歯磨きしたほうが良いですね。

まとめ

今回は、お昼に歯磨きできない場合の三大対策についてお伝えしました。

内容をまとめると、以下のとおりです。

  • ツバを意識的に出す!
  • ツバは、想像力を働かせればたくさん出せる!
  • ツバは、舌を硬口蓋に押し当てると出てくる!
  • 舌をよく動かして歯を掃除しよう!
  • 最も効果的なのはマウスウォッシュでのうがい!

ですがやっぱり理想は、時間を作ってきちんと歯磨きをすることです。

「お昼はなかなかめんどくさくて、まあいっかってなっちゃう!」
という人も少なくないと思いますが、そういう方はちゃ~んと意識して歯を磨くようにしたいものですね。

でも実は、食事後30以内は口内の酸性度が強く、この時間に磨くと歯の表面が傷つくやらなんやら・・・。

・・・社会人(というか会社人?)にとっては、休憩がきちんとあっても1時間程度。
食事にかかる時間が15分だとすると、歯を磨き始めるのは休憩残り15分となったギリギリのところです。

・・・いや最近は、「酸性は歯に悪いから磨くのはやはり食事直後がいい!」っていう説も多いみたいですけどね。

とは言っても、ほかに色々やるべきことがあるでしょうから、そう考えるとお昼の歯磨きはなかなか難易度が高い!
今回の対策、ぜひ覚えておかれると良いと思います^^

では、チュス!!