日焼けせずに小麦肌になる方法

肌を小麦色にすることで、ボディーが引き締まって見えるようになります。
男であろうが女であろうが、セクシーな感じにもなります。

だから「よし!肌を焼いて小麦肌にしよう!」と思い立つ人も少なくないでしょう。

しかし、焼くというのは「日焼けをわざとする」ということ。
ご存知のとおり、日焼けは皮膚癌や肌老化の原因とも言われています。

焼くと肌に大きな負担となってしまうわけです。

というわけで残された道は、日焼けせずに小麦肌になる方法です!

今回は、そのお話を進めていきましょう。

日焼けせずに小麦肌になる方法として適切なのは?

次のうちで、日焼けせずに小麦肌になる方法として最も適切なものを、ひとつだけ選んでみてください。

  1. 肌に塗料や絵の具を塗る!
  2. 美容外科に行って、特殊な電磁波を浴びる!
  3. 肌を毎日こすり続ける!
  4. 肌に特殊な化粧品を塗る!
  5. 肌に黒っぽい透明フィルムを貼る!
  6. 赤外線ストーブに当たり続ける!
  7. 特殊な食べ物(飲み物)を食べる(飲む)!

 
さて、どれが正解か分かりましたでしょうか?

では、ひとつずつ解説していこうと思います。

1、肌に塗料や絵の具を塗る!

誤りです。

小麦色の塗料や絵の具を塗ると、たしかに色は着きます。

しかし、ゴテゴテになる上、人体にも良くないですね。
中には、一度塗るとなかなか落ちてくれないものや毒性の強いものもあります。

実際に塗るとなると難しくもあり、あまり現実的な方法とは考えられにくいです。

2、美容外科に行って、特殊な電磁波を浴びる!

誤りです。

肌を小麦色にする治療は、どうやらまだ無いようです。

そもそも、色黒の人を色白にする方法すら無いんだそうです。
(美白医薬品である程度は美しくすることはできるみたいなのですが、限度があるということです。)

人間の肌の色はメラニンの量で決まり、それは遺伝的要素が大きいと考えられています。
色白すら無理みたいなので、治療で小麦色にするのは夢のまた夢でしょう。

とある薬を注射して小麦色にするアイデアもあるみたいですが、その薬は人体使用の認可が下りていないようですし、危険性も未解明だと言われています。
なお、もし仮に販売されているのを見つけたら、それは違法行為でしょう。

3、肌を毎日こすり続ける!

誤りです。

こすっても肌は小麦色にはなりません。

摩擦により赤く炎症したりくすみが生じたりすることはあるかもしれません。
あまり良い状態ではないですね。

4、肌に特殊な化粧品を塗る!

正解です。

最も安全な方法は、これしかありません。

いや、この方法でも体をいじるわけなので 安心度100% というわけではないですが、一番現実的なのではないでしょうか。

その特殊な化粧品とは、たとえばこのようなタンニングローションのことをいいます。

公式 クオリス ブロンズターナー

肌の表面の層(角質層)を一時的に染めるといった効果があります。
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

なお、この手のお話について詳しくは、別の記事「肌を焼かずに黒くする安心な方法はコレ!ただひとつ!」に書いてあるので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

5、肌に黒っぽい透明フィルムを貼る!

誤りです。

ホームセンターなどで黒っぽい透明フィルムを買って、肌にペタペタ・・・。
どう考えてもおかしなことになりそうです(^^;)

芸術的センスが抜群で、きれい貼れるなら良いかもしれません。
が、非現実的ですし、やれても自然体ではなく、アートな感じに仕上がりそうですね。

そういうのはハロウィンのときにやりましょう。

6、赤外線ストーブに当たり続ける!

誤りです。

ヤケドの原因にもなるので、ストーブには当たり続けないようにすべきです。

私は、寒いとついつい電気ストーブの前に居座ってしまいます。

すると、肌がぽ~っと赤くなることがあります。
肌が傷んでくすむことはあっても、決してきれいに小麦色になることはありませんね。

それに、赤外線は肌の老化を促すといった見解すら存在します。
特に近赤外線(センサーやリモコンに多用されている赤外線)は要注意だそうです。

7、特殊な食べ物(飲み物)を食べる(飲む)!

誤りです。

肌を小麦色にする飲食物はまず存在しません。
長い目で見たとき肌に何らかの効果があるとしても、あまり現実的とは言えませんね。

なお、サプリメントには、肌を小麦色にしていく物があるみたいです。
しかし怖い・・・。人体への悪影響が懸念されますよね。

服用する物は、私はおすすめしません

まとめ

というわけで、正解は「4、肌に特殊な化粧品を塗る!」でした。

日焼けによって小麦肌にするよりは、断然安全・安心な方法かと思います。
ぜひ検討してみると良いのではないでしょうか?

とはいえ、その方法のデメリットについても知っておく必要はあるでしょう。
何事も、100%大丈夫!安心!とは言えないものです。

詳しくは、先ほどもご案内した「肌を焼かずに黒くする安心な方法はコレ!ただひとつ!」という記事をご覧ください。

少しでも安全に小麦肌にして、セクシーライフを謳歌しましょう!

では、チュス!!