男性でも女性用洗顔料

洗顔をする目的は、ずばり、

  • 肌の表面や毛穴の汚れを落とすこと
  • 素肌を清浄かつすこやかに保つこと
  • 化粧水の浸透を高めること

にあります。

つまり、上記の目的を達成することができる洗顔料であれば、男性用であろうが女性用であろうが、そんなことは関係ない!

そこで今回は、「俺は男だが、女性用の洗顔料のほうが好きだ!」という方に、おすすめの洗顔コスメをご紹介したいと思います。

女性用を選ぶ大きなメリット

冒頭では、「男性用であろうが女性用であろうが関係ない」ということを述べましたが、女性用のアイテムを選ぶときには、大きなメリットがあります。

それは、

  • 種類が多い
  • 肌に良いものに出会うチャンスも多い

ということです。

男性用でも良質な洗顔料はありますが、女性用に比べると、依然として少ないでしょう。女性の多くは、機能性のほかにも、デザインセンスや知名度などにも興味を示すため、それだけ多様になるといえます。

だから、女性的な感性を持った男性にとっては、女性用洗顔コスメのお買い物を楽しまれると良いですね。

私もあらゆるアイテムを使ってきましたが、効果はもちろん、使用感のいいステキな物ばかりです。

男性用によくあるデメリット

一方で、男性用の洗顔アイテムによくあるデメリットは、

  • メントールが気になることがある
  • 洗浄力が強すぎる

といった点でしょうか。

爽快感を得たい男性は多いでしょうから、メントールがよく含まれています。メントールはスーッと気持ちいいという長所もありますが、刺激性が少し心配です。

洗浄力についても、そこらの安物には特に、洗浄力が強すぎるものが多い印象です。男性は皮脂で肌がべたつきやすいので、それを考えてのことかもしれません。

しかし、実は男性は女性よりも肌の水分が抜けやすく、意外に乾燥が進んでいます。皮脂が多く分泌されるのは、男性ホルモンの影響や、過乾燥による防御反応によるものです。

だから、汚れも落とせて過乾燥が進みにくい洗顔料を選ぶことが得策といえます。

もちろん、男性用だろうが女性用だろうが、洗顔アイテムにはそれぞれメリット・デメリットがあります。でも、女性は美容にもうるさいため、こだわり抜いた洗顔料も多いものです。

1、サラサラ肌を目指すなら「あきゅらいず」

あきゅらいず画像はイメージです。

「あきゅらいず」では、洗顔石けんの泡石(ほうせき)と、洗い流すパックの優すくらぶの2点を使うことで、効果的に顔を洗えます。

あきゅらいずの特徴

  • シンプルなのにオシャレ
  • 非常に吸着力の良い泡で洗える(泡石)
  • ハッカとゼラニウムの2種類の香りを楽しめる(優すくらぶ)
  • ハーブから抽出した草根木皮たまりが肌のうるおいを保持
  • スタッフ全員すっぴんとのこと

あきゅらいずがふさわしい人

  • 肌のザラザラが気になる人
  • 肌のキメの粗さが気になる人
  • 香りに癒されたい人
  • 素肌をすこやかに整えたい人
  • オシャレ女子のような気分になりたい人

あきゅらいずの補足

「メイクに頼らず、すっぴんでいたい!」という女性に向けたアイテムですが、一部のこだわり男子は使用しているようですね。

洗顔石けんの泡石には香りはないですが、洗い流しパックの優すくらぶには、ハッカの香りとゼラニウムの香りの2種類があります。

ハッカの香りはスカッとするほど爽快で、実際の使用感もスーッとしています。夏にも気持ち良く洗えますが、中には、刺激を感じる方もいるかもしれません。

一方、ゼラニウムの香りはフッと心が和らぐ感じで、あまりスーッとせず優しい使用感です。ドライな冬にもおすすめかなと思います。

ただ、優すくらぶは、一日に二回以上使ったり、力強くこすって使ったりすると肌に負担になります。説明書をきちんと読み、お湯の温度にも気を付け、正しく優しく洗うことが大切ですね。

詳細は公式サイトでご確認ください。
⇒ あきゅらいず

2、ニキビが気になるなら「パルクレール」

パルクレール画像はイメージです。

男性に多いニキビ肌には、ビーボの「パルクレール」のクリーミューというパウチ型洗顔料が良いでしょう。

パルクレールの特徴

  • パウチ型で白く、かわいらしい
  • 超濃密泡の泥洗顔でニキビの元の汚れをしっかり吸着
  • 51%が美容成分で肌荒れ防止
  • 保湿しながら洗うことができる
  • 肌に負担となりやすい成分10種を無添加

パルクレールがふさわしい人

  • 肌の細かいブツブツが気になる人
  • ニキビや吹き出物が気になる人
  • 非常にふかふかな泡で洗顔したい人
  • 肌に透明感を出したい人
  • 最後までしぼり出して使いたい人

パルクレールの補足

甘い匂いがあり、いかにも女性用!という感じのするパウチ型洗顔料です。最後の最後は、ギュ~ッとひねってしぼり出すこともできます。

濃密泡が売りの洗顔料ゆえに、ニキビの元となる汚れや皮脂を、その泡でガチッと吸着して洗い流すことができます。

ただ、ニキビの治療薬ではないため、劇的なニキビ改善効果はありません。あくまでも、ニキビを誘発する汚れを落として肌をきれいにすることが目的です。

ニキビの本格ケアをする場合は、この洗顔料を使った上で、ニキビケアに良い保湿コスメなどを使われると良いでしょう(同じパルクレールにも、それ用のジェルがあります)。

なお、この洗顔料はやや高いのがネックですが、その分、非常に魅力的な洗顔アイテムと思いますね。

詳細は公式サイトでご確認ください。
⇒ パルクレール クリーミュー

3、毛穴が気になるなら「アマランス」

アマランス画像はイメージです。

ドクターソワから出ている「アマランス」のマイルドクレンジングゲルは、その名のとおりクレンジング料です。でも、ノーメイクの人でも洗顔料として使用できます。

アマランスの特徴

  • くすみと毛穴汚れをしっかり吸着して流せる
  • メイクや日焼け止めをしっかりオフできる
  • 弱酸性・低pHのため肌にやさしい
  • 肌に必要な油分や水分を残しながら洗える
  • クレンジング後には、別途洗顔は必要ない

アマランスがふさわしい人

  • 毛穴のポツポツや開きが気になる人
  • 肌のくすみによる暗さが気になる人
  • ハリツヤのある肌を手に入れたい人
  • 肌のエイジングケア(年齢肌ケア)をしたい人
  • ヒゲそりで摩擦を減らしたい人

アマランスの補足

仕事や趣味でファンデやメイクをする男性はもちろんですが、日焼け止めを塗ったりしたときは、クレンジングをしてから、その後洗顔をしていくのが通例です。

しかし、このクレンジング料は洗顔料機能も兼ね備えているため、別途洗顔料を使わずに、しっかりと肌の汚れを落として整えていくことができます。

ゲル(ジェル)なので泡を立てることができない点がデメリットでしょうか。そのため、指であまり強くこすらないようにして、クルクルとやさしく汚れを落としていくと良いでしょう。

美容成分もたっぷりですし、年齢に応じたスキンケアをサポートするビタミンEなども配合されていて、肌の美容にうってつけのアイテムといえます。

また、ジェルゆえに、ヒゲそり時の摩擦・負担軽減にも役に立つでしょう。

詳細は公式サイトでご確認ください。
⇒ アマランス マイルドクレンジングゲル

4、炭酸ですっきりするなら「肌ナチュール」

肌ナチュール画像はイメージです。

高炭酸でぜいたくにクレンジング・洗顔を行うことができるのが、Waqoo の「肌ナチュール」リッチ・モイスト・クレンジングというアイテムです。

肌ナチュールの特徴

  • 炭酸で汚れを浮かすため、こする必要なし
  • メイクや日焼け止めをしっかりオフできる
  • シュワ~っとする
  • 炭酸ゆえに、やや温かみを感じることがある
  • 豊富な美容成分によりうるおい感を得られる

肌ナチュールがふさわしい人

  • 気持ちよく洗顔したい人
  • 防水タイプのしつこい日焼け止めを落としたい人
  • 保湿感と心地良さを両立したい人
  • 美容液で洗顔したい人
  • 楽に洗顔したい人

肌ナチュールの補足

スプレー缶になっており、上のボタンをプッシュするとジュゥ~ッといって中身の泡が出てきます。

泡は弾(はじ)けてしまうので、すぐに顔に広げていき、あとは放置すればOKなので楽。汚れが気になるところは、指の腹でやさしくクルクルすると良いでしょう。

一個前のアイテムと同じく、クレンジング料と洗顔料の両方の機能を兼ね備えたアイテムです。これひとつで良いので、肌への負担も軽く済みます。

炭酸なので、肌がかなり敏感になっている人には刺激を感じることがあるかもしれませんが、そうでなければあまり心配はないでしょう。

ヒアルロン酸やナノコラーゲン、濃厚プラセンタなどの保湿成分が入っているため、洗い上がり後は想像以上にモッチリします

詳細は公式サイトでご確認ください。
⇒ 肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジング

5、塩でさっぱりするなら「ベールアンドコー」

ベールアンドコー画像はイメージです。

塩洗顔でデトックス効果をねらうなら、黎明から出ている「ベールアンドコー」のマイルドソルトウォッシュが良いでしょう。

ベールアンドコーの特徴

  • 塩の浸透圧を利用して毛穴の汚れを吸い寄せる
  • 泥によるイオンで汚れを吸着
  • 塩ゆえに、やや温かみを感じることがある
  • 保湿なしでもOKな肌を目指せる
  • 非常に原始的な洗顔ができる

ベールアンドコーがふさわしい人

  • とにかく汚れを落としたい人
  • 肌の本来の機能を整えていきたい人
  • 保湿ケアに頼らなくて良い肌にしたい人
  • 塩によるデトックス効果を感じたい人
  • シンプル・イズ・ザ・ベストと考える人

ベールアンドコーの補足

完全なる塩ではありません。含まれている成分は、塩のほか、泥が豊富で、保湿成分も入っています。

理科で聞いたことがある人もいると思いますが、塩分濃度が低い方から高い方へ液体が流れる減少を浸透圧といいます。

この洗顔料では、それを利用して汚れを吸い寄せることができ、また泥の吸着力を利用して汚れの除去ができますね。

間違って口に入ると、たしかに塩からいです。目に入るとピシーッと痛むので、入らないように注意が必要です。

「塩だと肌に負担にならないだろうか?」と思われる方もいると思いますが、たしかにそれは言えます。固形成分なので、強くこするのはダメですし、敏感な肌の人だと刺激を感じることがあるかもしれません。

ただ、肌本来の機能を整える上では塩は効果的です。使いたい方は、まずはトライアル版で試すのが良いと思いますね。

詳細は公式サイトでご確認ください。
⇒ ベールアンドコー

まとめ

以上、男性にもふさわしそうな5つの女性用洗顔コスメをご紹介しました!

最後にまとめておきたいと思います。

当ブログでは、男性向けのおすすめの洗顔料や石けんについて、「男の洗顔のおすすめアイテム5選!目的に合わせて選ぼう」という記事の中でもご紹介しています。

「やっぱり素直に男性向けのにしよう」と思ったら、ぜひ参考になさってみてくださいね!

では、チュス!!