花粉症の肌荒れ

花粉が飛ぶ時期になると、鼻水や目のかゆみだけでなく、肌も花粉症のような状態を呈すことがあります。

私もよく、春頃には肌がカサカサ、そしてやや赤みを帯びてかゆみが生じます。

そこでネットで肌荒れ対策について調べるも、出てくるのは女性向けのサイトばかり。
肌荒れに良い化粧水とか知りたくても、女性向けのものばかりが紹介されていますね。

別に女性向けでもいいんですけどね!
でもなんとなく、男なら男向けに書かれた記事を読みたくなるもの。

というわけで、同じような思いをしている人もいるかと思い、今回は、男性に向けて、花粉による肌荒れの対策についてまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください!

なぜ、肌が荒れてしまうのか?

肌が荒れてしまう原因

まずはざっくり、肌が荒れてしまう原因を見ていきましょう。

アレルギー性の接触性皮膚炎が生じている

「花粉症」というのは、いわばアレルギー症状です。

アレルギーには、食物アレルギーや繊維アレルギー、金属アレルギー、動物アレルギーなど色々ありますが、花粉アレルギーもその仲間。

肌が荒れたり、蕁麻疹が出たり、発作が起きたりと、症状の出方はさまざまです。

花粉アレルギー(花粉症)の場合も、発熱、倦怠感、くしゃみや咳、鼻水など、色々な症状がありますが、肌もまた、アレルギー反応として微弱な炎症が生じたり湿疹ができたりします。

これを、アレルギー性接触性皮膚炎(花粉皮膚炎)といったりしますが、花粉症の自覚がないにしても、花粉が肌に付着することによって起こりえます。

特に「敏感肌」(ちょっとのことで荒れてしまう弱った肌)の状態になっている人は、花粉皮膚炎が起こりやすいといえるでしょう。

花粉以外にも、黄砂や乾燥、免疫低下なども影響

さらに、春に心配なのは、花粉だけではありません。

黄砂も飛来してきていますし、太平洋側なら、冬から続く空気の極度な乾燥もわざわいしています。
度重なる冷えにより免疫も落ちていれば、その分、肌だって悲鳴を上げやすくなります。

男性の場合、皮脂量は女性よりも多い傾向にありますが、実は肌の水分量が女性より少ないので、余計に肌荒れを感じやすいかもしれません。

このように、春に起こる肌荒れは、実は花粉のせいだけではなく、色々な原因が重なり合って起こっていると考えて良いかと思います。

花粉皮膚炎の治療なら皮膚科等へ!

皮膚科、内科、耳鼻咽喉科など

何はともあれ、きちんと治療をするのであれば、皮膚科専門医に一度診てもらったほうが良いでしょう。

例えば、顔中にブツブツができ、かゆくてかゆくてどうしようもない場合や、肌がベリベリとめくれてきて痛みを発する場合などです。

花粉症によるものであれば、皮膚科以外では、内科や耳鼻咽喉科で抗アレルギー薬を処方してもらい、それを服用することで肌荒れの症状が改善することもあるようです。

気になったら医療機関へおもむく!
これが安心だと思います。

自力でやっておきたい花粉肌荒れ対策!

自力の花粉肌荒れ対策

医療機関で治療を受けたなら、まずはドクターの指示どおりにすることが大切です。

ですが、

「病院に行くまでもない」
「肌荒れを防ぐ方法はないか?」
「花粉で肌ががさつくときのスキンケア方法は?」

とお思いの方は、下記の対策を実行するようにしてみてください。

  • マスクをして少しでも肌をいたわる
  • 洗顔時は、ぬるま湯かつ低刺激性の洗顔料を使う
  • 洗顔後、しっかりと保湿&バリアケアを行う
  • 体の免疫力を高めるライフスタイルを築く

「うわ~めんどくせ~」
「そんな女みたいなことしないといけないのか」

と思った男性は、きっと少なくないでしょう。

でも、肌の調子を整えるには、やっておいて損はないでしょう。
花粉による肌荒れが無くても、末永く努めてみてくださいね!

では、ひとつずつ、少し詳しく見ていきましょう。

マスクをして少しでも肌をいたわる

マスクをしても、花粉やウイルスを完全にはシャットアウトできません。
最近、やたらマスクブームですが、一説によると、マスクは気休め程度。

とはいえ、マスクしたほうが、やはり影響を軽減することはできるはずです。
効果が限定的であっても、気持ちの面でも気を張らなくて済み、ストレス軽減にもなります。

「肌荒れが気になるなあ」
「花粉や黄砂を少しでもさえぎろう!」

と思ったら、マスクをしっかり顔にフィットさせてみましょう!

なお、鼻まできちんとかぶらせるようにしてくださいね。
たまに鼻を出してしまっている人がいますが、あれではマスクの効果は激減してしまいます。

洗顔時は、ぬるま湯かつ低刺激性の洗顔料を使う

肌荒れが起きているときは、肌が弱っているわけなので、熱いお湯では刺激になりえます

37度以下のぬるま湯を心がけ、使う洗顔料も低刺激性のものにしましょう。
泡立ちの良い洗顔料であれば、泡自体でやさしく洗うようにします。

洗うときは、こすらず、丁寧に、ゆっくりと

男性におすすめの洗顔料は、「男の洗顔のおすすめアイテム5選!目的に合わせて選ぼう」という記事の中で挙げていますので、よろしければチェックしてみてくださいね。

なお、花粉の付着が気になるときは、さっと水洗いだけするのもいいですね!
(これ、メイクをしていない男性だけができる特権です♪)

洗顔後、しっかりと保湿&バリアケアを行う

洗顔後は、なるべくすぐに、保湿&バリアのスキンケアを行いましょう。

うるおいを与えることで、乾燥かゆみが軽減したり、調子が整ったりします。

でも、うるおいを与えるだけでは不十分なので、バリアケアもしてうるおいを封じ込め、花粉をシャットアウトしましょう!

スキンケアアイテムは、「男のスキンケアおすすめアイテム目的別5選!印象UP!」という記事の中でもご紹介しています。

ところが、いずれも普段使いには良いのですが、春の花粉対策にはやや物足りないと感じる人もいるかもしれません。

そういう人は、女性向けのきっちりとしたアイテムを選ばれると良いでしょう。
男性にもおすすめ!女性用の化粧水3選+α」という記事でご紹介しているので、良かったらご覧になってみてください。

中でも「アヤナス」という敏感肌向け化粧品は、花粉対策にうってつけだと思います。
特許技術であるヴァイタサイクルベールが、非常に優秀なバリア感を生んでいます。

一度公式サイトをチェックされてはいかがでしょうか。

⇒ アヤナス公式サイト

体の免疫力を高めるライフスタイルを築く

以上は、主に肌そのものに着目した対策をお伝えしましたが、最も面倒で最も意義のある対策が、この免疫力UPです。

冬から春にかけては気温が低く、免疫力が下がりがち。
それによって風邪を引いたり、肌もまた弱ってしまうわけです。

そのせいで、花粉症といった症状も出やすくなり、肌の花粉皮膚炎も生じやすくなります。

少しでも免疫力を高めるライフスタイルを築くことで、健康的な体や肌へと仕立て上げることができます。

具体的には、

  • 栄養が偏らない食生活を送るように努める
  • 睡眠の質を高めるように努める
  • ストレスを溜め込まないように努める

といった点が重要となります。

男性の場合は、

  • 接待や飲み会などによる、高脂質で高カロリー、かつ低ビタミンの食事、多数回の飲酒
  • 仕事の熱中や残業、スマホ等操作しっぱなしによる睡眠の質の低下
  • 仕事をはじめ、お金や将来の不安、パワハラによるストレス、睡眠の質低下による疲労

などといったケースが多いでしょう。
そんな状況が続くと、知らず知らずのうちに体は弱り、免疫力も低下していきます。

なかなか対策を打つのは難しいかと思いますが、できる範囲で工夫してみたいものですね。

中でも難しいのは、睡眠の質の向上でしょうか。
これについては、「睡眠の質を高める方法!忙しくても美容力を引き上げろ!」という記事にてご紹介しています。ぜひご参考ください。

花粉対策をしないとどうなるか?

花粉対策をしないとどうなる

花粉対策をしなくても、体や肌は、そのうち元どおりになるかもしれません。

しかし、上述したように、スキンケアにいそしんだりライフスタイルを改善していたりしていくことは、男としての美容力UPや健康維持には欠かせないものです。

長い目で見たら、そういった対策を継続するかしないかで、差が開いてくるといえます。

今回の花粉対策は、一生涯の美容対策とも換言することもできるのではないでしょうか。

まとめ

以上、男性に向けて、花粉の肌荒れ対策についてお伝えしました!

今回の内容をざっとまとめると、以下のとおりです。

  • 肌も花粉症になりうるが、肌荒れの原因はさまざま!
  • 治療したい場合や気になる場合は医療機関へ!
  • マスクをして少しでも肌をいたわる!
  • 洗顔時は、ぬるま湯かつ低刺激性の洗顔料を使う!
  • 洗顔後、しっかりと保湿&バリアケアを行う!
  • 体の免疫力を高めるライフスタイルを築く!
  • 今回の花粉対策は一生涯の美容対策ともいえる!

スポンサーリンク
【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

いかがでしょうか。

「めんどくさいなあ」と思った人も少なくないでしょうが、肌はやっぱりきれいな方が、断然印象は良くなります。

仕事での取り引き、交渉や商談でも、印象が良いほうが期待値も上がります。
信頼、そしてモテ度UPの面でも、きれいな肌は必要条件ですね。

では、チュス!!