化粧水を使う意味と必要性

スキンケアを続けていると、たまに思うことがあります。

  • 化粧水とかって、いったい何の意味があるのか?
  • 必要性はどの程度あるのか?

と。

今回は、その手のお話について、ちょっと持論を展開していこうかと思います。

私が化粧水などを使う3つの理由

私はこれまで、化粧水(というより保湿化粧品なら色々)を使ってきました。
今ももちろん、スキンケアのために使っています。

私がそういうものを使うのは、次の3つの理由があります。

  • 肌の乾燥を防いだりハリを出したりしたいから
    (=老化現象や肌トラブルが不安だから)
  • このブログで紹介したいから
    (=一般消費者への情報提供をしたいから)
  • 純粋に楽しいから
    (=娯楽を求めているから)

貴方の場合はいかがでしょうか?
人それぞれ、使用の理由、未使用の理由、さまざまな答えがあると思います。

化粧水を使う意味は、「うるおいケア」の第一段階にあると思う

使う意味は、うるおいケアにあり

化粧水を使う意味は、

 肌の角質をうるおわせ、乾燥を防止したり肌を保護したりする

といった点にあると考える人は多いと思います。
やはり、効果が望めないものは、いくらそこに他にはない効果や娯楽要素などの付加価値があっても、本末転倒です。

・・・ところが、実は化粧水だけでは肌を保湿できません
肌の水分は逃げてしまう
のです。

それに、歳を重ねるごとに肌の機能は不安定になり、ますます水分が抜けやすくなります。
(特に男性は、皮脂が多いくせに、女性の2~3倍も水分蒸発量が多く、乾燥の度合いもひどい傾向にあるようです!)

そこで、失われた水分を補い封じるものこそ、ずばり 美容液+クリーム といえるでしょう。

化粧水で美容液などが浸透しやすくなるように肌を整え、美容液で保湿成分をたっぷり与え、そこにクリーム等でフタをすることで肌の保湿ケアが完了します。

となれば、化粧水を使う意味は、「うるおいケア」の第一段階にあるといえます。

化粧水などの必要性は、必ずしも「ある」とは言い切れない

必要性

しかしです。

化粧水が絶対に必要か?ときかれても、それまた簡単に肯定できるものではありません。

化粧水などには不可思議な点が存在するからです。

化粧水などに存在する不可思議な点

  • 肌の過保護になってしまうことがある
  • 肌に負担を加えてしまうことがある
  • 使わないほうがかえって肌が整うことがある
  • 費用対効果が望めないことがある
  • 肌が元々整っている人にとっては意味がないことがある

・・・まあこんな感じです。
どれも「~ことがある」といった不確定的な書き方ではありますが、起こりえるのですよね。

必要派の人と不必要派の人、そして害悪だと唱える人

医学者・美容学者の中にも、化粧水をはじめとした保湿化粧品について、必要論を唱える人と不必要論を唱える人がいます。
もっと凄いと、害悪論を唱える人もいる模様です。

必要派の人は、

  • 肌の角質を化粧水で整えることは、保湿ケアを効率良く行うために大切である
  • 加齢には勝てないからこそ、保湿化粧品という頼もしいグッズがこの世に存在する
  • 化粧品を使えば美肌になるという100%の保証はないが、美肌の人はみんなちゃんと良い化粧品を使っている

と言ったりします。

不必要派の人は、

  • 化粧水云々よりも、肌本来の力を生活改善等で整えることこそが大切だ
  • 化粧品なんてほぼ水。ほとんど「」を売りにしているにすぎない
  • どうしてもというときのために用意しておくのは良いかもしれないが、基本的には必要ない

と言ったりします。

害悪だと唱える人は、

  • 100%オーガニックだと言われる化粧水でも、所詮は人工的かつ化学的な産物だ
  • 化粧品の成分は、本来人間の肌にないものだから有毒で、使えば使うほど負担になるだけ
  • 化粧品をあれこれ使って肌に刺激を加えてしまうくらいなら、何も使わないほうがかえって肌に優しい

と言ったりします。

もちろん、これらの意見に限ったことではないと思いますが、おおよそ上記のような感じですね。

さて、貴方はどの意見に一番近いですか?

・・・私は、必要派と不必要派の間くらいですね。

基本的に、化粧水などは使えるなら使ったほうが良いと思いますが、それよりも、生活改善はかなり重要ですし、そこは避けては通れない道だと思っています。

ただ、注意すべき点もあると思っています。

化粧品を使う前に確認しておきたいポイント

化粧品を使う前の確認ポイント

洗顔料、化粧水、美容液、クリーム、日焼け止め・・・というように、あらゆる化粧品があります。
でも、大切なことは、

  • 肌に負担を与えないようにすること
  • 最大限の効果が出る使い方をすること

だと思っています。

もう少し詳しく説明してみますね。

肌に負担を与えないようにする

具体的には、

  • 洗顔は、基本的にはぬるま湯で
  • 何度も洗いすぎない
  • 肌をこすらずに洗顔し、保湿するときもやさしくあたたかく
  • 普段の生活でも、極力肌をいたわる
  • なるべく直射日光を避ける
  • 部屋の湿度も適切なものにしておく

といった具合です。

これらを気を付けていれば、もしかしたら化粧水などを使わなくても肌が整いやすくなる可能性もあります。
ただ、肌質や老化状態によって変わってくるので、「化粧水無しでOK!」との断言は避けます

最大限の効果が出る使い方をする

化粧水や美容液を使うときは、

  • 洗顔直後に
  • 説明書きを参考にして
  • リラックスしてゆったりと

使うことが大切だと思います。

知識や経験に基づいて自己流にアレンジできる人はそれで良いと思いますが、そうでない人は、基本的には説明書のとおりにきちんと使うと、効果を実感しやすくなるのではないでしょうか。

化粧品には「娯楽」の要素もあるから、気楽に捉えれば良い

化粧品も娯楽

ジュースやお菓子だってゲームだって、悪い風に見ればとことん悪い風に見ることができます。
でも、非常に多くの人が、その娯楽要素を愛してやみません。

化粧品もそういう嗜好品と同じではないでしょうか?
つまり、医薬品のように堅苦しいものではなく、もっと気楽に捉えて良い物だと私は考えます。

したがって、使う意味とか必要性とか、あまり神経に考えてもキリがなく、結局は「使いたければ使えばいい」という結論に行き着きます。

まとめ

今回は、化粧水などの使う意味や必要性について考えてみました。
一個人の考えにすぎないので、あまり真剣に捉えていただかなくて大丈夫です♪

今回の内容をまとめると、次のとおりです。

  • 化粧水を使う意味は、ずばり「うるおいケア」の第一段階にあり!
  • 化粧水の必要性は、必ずしも「ある」とは言い切れない!
  • 化粧品を使う前に必要なのは、正しいケア方法を知ること!
  • 使いたくば、使うがいいよ、化粧品!

肩肘張らずに、気楽に構えていきましょう。

ただでさえ色々細かい日本のストレス社会です。
小さなことでクヨクヨしたら、何も楽しくありません。

では、チュス!!