目の周りの乾燥対策

ふとした瞬間、目の周りが「あ、かゆっ」ってなるときはないですか?

特に湿度が低くなる季節に多いのですが、まさに、目の周りが乾燥してムズムズしたりするのですよね。

でも、何も対策せずに乾燥を放置すると、肌にとってはよろしくありません。その積み重ねが、シワやたるみ、シミなどにつながりかねませんからね。

いつまでも若々しい印象でいられるために、さっそく今日から対策をしてみましょう!

目の周りはこうだから、余計に乾燥しやすい

薄い皮膚

当然、ドライな季節には肌は乾燥するものですが、目の周りは特に気をつけたほうが良い部位です。

なぜなら、こうだからです。

  • 目の周りの皮膚は薄い!
  • 男性は女性より乾燥しやすい!

以下、ひとつずつ解説していきましょう。

目の周りの皮膚は薄い!

実際に、指でやさしく触ってみるとお分かりいただけるかと思います。

アゴのあたり、口の周り、頬のあたり、おでこ、そして目の周りという感じで、こすらないように軽く触ってみましょう。

どうでしょうか?
目の周りだけ、ちょっと薄い感触はありませんか?

個人差があるので、どのくらいの厚さかは分かりませんが、目の周りの皮膚は薄く、その分、水分も抜けていきやすくなっています

さらに、目元は入り組んでいるため、元々シワもできやすいといったデメリットもありますね。

男性は女性より乾燥しやすい!

初めて知ったとき私も驚いたのですが、肌って、女性よりも男性のほうが乾燥しやすいんですよね。

「俺はテカっているから乾燥知らずの肌だ」と思ったりしてしまいがちですが、実は、ひどく乾燥している可能性もあるのです。

男性の肌は、女性と比べて元々水分量が少なく、だいたい女性の半分以下

にもかかわらず、水分の蒸発量は、女性の2~3倍!

そのくせ、皮脂の分泌量は、女性の2~3倍!

・・・したがって、テカっているのに乾燥しているという状況に陥りやすいんです。

目の周りは元々テカりにくいかもしれませんが、水分は減りがちで、非常に乾燥しやすくなっています

乾燥を放置すると印象が悪くなる!?

暗い印象

目の周りの乾燥は、なるべく早くに対処し、日々着々と対策をしていくのが良いでしょう。

肌の乾燥を放置すると、シワやたるみ、ひいてはシミなどもできやすくなるからです。

その結果、目元が暗い印象になったり頼りない印象にもなったりすることがあります。

シワが増える原因

シワは、基本的には肌の老化が原因です。

真皮にあるヒアルロン酸が減り、コラーゲンやエラスチンという支えも弱まり、肌にたるみが生じるわけです。

ですが、肌の乾燥が進むと、その老化も進みやすくなります。

肌の最も表面にある層を角質層というのですが、そこでは、肌のうるおいを逃がさないシステムや、外からの刺激から守るバリケードが構築されています。

そのシステムこそ、水分や油分からなり立っています。

空気が乾燥すると、肌のその水分は空気中に逃げていきます。

そして水分が減って肌が乾燥しますが、これは、上記のうるおいシステムやバリケードが弱まっていることを意味します。

そのせいで肌の奥の水分もスーッと抜けやすくなり、外からのあらゆる刺激も加わりやすい状態となります。

結果、肌の内部の保湿成分が不足し、ガタガタになり、深いシワやたるみが増えやすくなってしまうのです。

ざっくり言えば、老化の加速です。

もちろん、肌の表面でも、乾燥による細かな小ジワが増えたりもします。目の周りは特にシワができやすいので、注意が必要ですね。

シミが増えたり黒ずんだりすることもある

肌が乾燥していると、肌の自己調節機能も不安定になることがあります。

シミについては「肌のシミが気になる男のための予防対策のイロハ!」の中で詳しくお伝えしていますが、メラニンという色素が主な原因です。

肌機能が弱ってその色素がうまく排出されないと、色素沈着、いわゆるシミが残りやすくなるのです。

また、シミだけではなく、黒ずみも残りやすくなります。

血行不良によるクマも黒ずみの原因だったりしますが、汚れが毛穴に詰まったり、たるみによる陰ができたりすることなども、黒っぽく見える原因です。

肌の乾燥を招くことで歯車が狂うと、そのようにトラブルが起こりやすくなります。

「別にそれでもいいや!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、目元がパッとしないと、頼りなく見えたり薄気味悪く見えたりするので、ちゃんと対策したほうが良いと私は思いますね。

目の周りの乾燥は手軽に防げる!

目の周りの保湿

目の周りのかゆみをおさえたり、パッとした印象にするには、日頃のたゆまぬ対策が必要です。

でも、その対策は、特に難しくありません。

  • 目元の乾燥対策用クリームで保湿する
  • 部屋の湿度を保つ

この2つです。

日頃、あまりスキンケアをしない男性でも手軽にでき、継続もしやすいです。

では解説していきます。

目元の乾燥対策用クリームで保湿する

手っ取り早く乾燥を防ぐには、目元の乾燥にいいクリームを使うのが良いでしょう。

普通の保湿化粧品でも良いのですが、日頃あまりスキンケアをしていない男性や、スキンケアをしているけど目の周りは保湿を強化したい!っていう男性の場合、目元用クリームが便利です。

たとえばですが、私が持っているのは「メモリッチ」というクリーム。

こんなやつです。

メモリッチ

一応女性をターゲットにしている物みたいですが、見た目としては男性でも恥ずかしくない感じです。

片手で持てるくらいの大きさで、保管の際も、あまり邪魔になりません。

そして、中身は下の画像のような感じです。まるでボンドのよう。
実際はこんなにもたくさん出しませんが、ここでは分かりやすく多めに出しています。

メモリッチ中身

実際は、このクリームを指にとって、説明書に従いながら目の周りに塗り、軽くマッサージをしていきます

目の周りの乾燥が気になるとき、たったこれだけで保湿強化が完了します!

塗ったからといって老化によるシワが消えるわけではないですが、うるおいが増し、ふわっとした印象の目元になるかと思います。

普段保湿ケアをしなくても、せめて皮膚の薄い目の周りだけは、やっておくのが良いでしょう。

一度公式サイトをチェックされてはいかがでしょうか?

⇒ メモリッチの公式サイト

部屋の湿度を保つ

あと、エアコンをつけて睡眠をとる方も多いと思いますが、朝とか乾燥がすさまじいことになっていませんか?

できれば、加湿器などを活用したほうが良いと思いますね。

おすすめの湿度は、だいたい50~60%くらいです。
あまり高すぎても、かえって不快ですし、繊維などにカビが生える原因にもなります。

加湿の管理は面倒で大変ですが、肌の美容のことを気にされるなら、ぜひやっておいて損はないはずです!

こだわるなら、目の周りをクリームで保湿してからアイマスクをするという手もありますね。そうすれば睡眠中も安心です。

こんなことは避けよう!

目の周りが乾燥するとかゆくなることがありますが、そのとき、目のあたりを、

  • 掻く
  • こする

というのは避けたほうが良いですね。

刺激が加わると、肌や粘膜が傷ついたりして、シワなどもできやすくなってしまいますからね。

先ほども書いたように、目の周りの皮膚は薄いので、なおのこといたわってやることが必要です。

どうしてもかゆいときは、我慢するか、保湿のクリームなどを塗ってかゆさをしのぐのがキモです。

※ 特に、花粉や黄砂の飛ぶ春は、目の周りがかゆくなりやすいので、そういうときこそ掻かないように注意したいところ。アレルギー性のかゆみの改善には皮膚科受診をおすすめしますが、あらかじめ、保湿クリームなどでバリアを張って花粉の影響を小さくすることも可能です!

まとめ

今回は、男性の目の周りの乾燥の原因や対策についてお伝えしました。

まとめると以下のとおりです。

  • 目の周りの皮膚は薄く、乾燥しやすい
  • 男性の肌は、女性よりも乾燥しやすい
  • 目の周りの乾燥を放置すると老化が早まり、印象に影響する
  • 目の周りの乾燥対策には、保湿のクリームが便利
  • 部屋も湿度を低くならないようにすると良い
  • 目の周りを掻いたりこすったりするのは控える

ほんの少しのことで十分対策ができるので、さっそく今日からでも取りかかってみてくださいね。

では、チュス!!