ニキビを治す洗顔料はない

ニキビが気になる人にとって、ニキビは本当厄介な存在だと思います。
少しでも治そうと、洗顔料や洗顔石けんを吟味している人も多いのではないでしょうか。

しかし実は、洗顔アイテムでニキビを治すことはできません。

今回は、その理由と、治す方法についてお伝えします。

理由は単純!洗顔アイテムは医薬品ではないから

洗顔料や洗顔石けんでニキビを治せない理由は、たったこれだけです。

 医薬品ではないから

・・・これに尽きます。

「医薬品ではない」とは?

化粧品や医薬品などを取り扱う法律に「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」というものがありますが、そこでは、化粧品や医薬品等について定義がなされています。

その中では、ずばり、洗顔料・石けんは医薬品に分類され得ないというわけです。

洗顔料は、「化粧品」もしくは「医薬部外品」である

法的には、洗顔料・石けんは「化粧品」もしくは「医薬部外品」のどちらかにあたります。

ここで「医薬部外品」という言葉が出てきましたが、「薬用化粧品」というとイメージしやすいでしょうか。
ただ、”薬” という字が入っていますが、医薬品ではありません。

ニキビの治療効果は、医薬品で認められている

ニキビを治療する効果は、医薬品でならうたって良いことになっていますが、化粧品や医薬部外品ではニキビ治療効果NGとなっています。
つまり、洗顔料・石けんでニキビを治すことは不可能というわけです。

「そんな馬鹿な!洗顔でニキビ治ったって言ってる人いるよ!」

洗顔でニキビが治ったという人がいるけど?

薬機法の話をすると必ずと言っていいほど、上記見出しのような思いを抱く人が出てくるかと思います。
何を隠そう、私だってそう思うことがありますw

しかし、本当はありえない・・・といいますか、洗顔アイテムの力で治ったのではなく、別の治癒要因が偶然重なった(同時に治癒が進んだ)というだけの話です。

もちろん、洗顔はニキビ予防や肌のすこやかさを保つための重要なスキンケアです。
ただあくまで、直接的に治すことはないわけです。

ネットで調べた情報は、発信している一人ひとりの “実感” にすぎないことも多いです。
つまり効果を立証しているわけではないので、そのあたりは注意して読んでいく必要があるでしょう。

※ 厳密にいうと、美容についての素人であっても、「この洗顔料でニキビが治る」とうたったら薬機法違反となってしまう可能性があります。

以上、一通り「ニキビを治す洗顔アイテムはない!」ということがお分かりいただけたかと思います。
今回のお話は、「ニキビを治す化粧水は存在しない、その理由」という記事にも書いてあるので、是非参考にしてみてください(補足として、化粧品や医薬部外品の違いにも触れています)

ニキビを治す方法

ニキビを治す方法

ニキビを治すには、皮膚科の力を借りるのが一番でしょう。
軽いニキビであれば、ドラッグストアなどで薬剤師や登録販売者との相談の上、ニキビ用医薬品を購入してみるのも良いと思います。

ネットで調べると、ニキビの治し方について解説しているサイトが出てきますが、医師等が書いていない限りは、あまり信用しないほうが良いです。
なぜなら、ニキビ治療というのは医学性が強く、素人の体験談が当てはまらないこともあるからです。

「治療は様子見」という場合は、自然治癒を待つというのも1つの方法でしょうが、気になるならとにかく皮膚科に行きましょう!

気になるからといって、洗顔しすぎたり化粧水を塗りすぎたりすると、かえって悪化する場合もあるので注意しましょう。

ニキビ「予防」であれば、洗顔で可能な場合も

ニキビ予防なら洗顔で可能な場合も

ニキビを「治療」「治す」ではなく、「予防」という意味であれば、医薬部外品である洗顔アイテム(薬用)で行うことができる場合があります。

「予防」とは、その名のとおり、「予(あらかじ)め防ぐ」ということをいい、洗顔においては主にニキビの原因となる汚れなどをオフすることをいいますね。

つまり、今ニキビが無い部分にニキビができないようにする、という意味があります。
洗顔料では、洗浄成分その他美容成分により、ニキビのできにくい環境へと肌を整えることになります。

ここでひとつ、私が体験した中で「これはいいかも」と思ったニキビ予防洗顔アイテムをご案内したいと思います。

ニキビを予防するための洗顔石けん Non.A(ノン・エー)

Non.A(ノンエー)は、固形タイプの、ニキビ向け薬用洗顔石けんです

弾力の豊かな泡で汚れを浮かして落とすことができるので、毛穴まで低摩擦で洗えます。
ニキビ予防向けではあるものの、ニキビがない人でも、肌をキレイに洗い上げるにはちょうど良いかなと思いますね。

保湿成分が入っているものの、割とさっぱりとした洗い上がり感です。

白い石けんであり、外箱も黒くシンプルなデザインですが、男女問わずオススメな洗顔石けんではないでしょうか。

公式 Non.A(ノン・エー)

洗顔後の保湿も、ニキビ予防の決め手

洗顔は大切ですが、スキンケアという観点から見たら、それだけでは不十分といえます。

洗顔直後は、洗浄により肌が乾燥しています。
その状態を放置すると、肌が自分を守ろうと皮脂を多く分泌することがあります。

せっかくキレイになっても、皮脂が多く出てしまえばニキビができやすくなります。
そのため、洗顔後は、なるべく早めに保湿ケアをすることをオススメします!

ニキビの悩みに向けた保湿アイテムについては、下記にて2つほどご案内しております。
良かったら是非参考にしてみてください。

⇒ ニキビ予防のための保湿アイテム

( ↑ 別の記事「ニキビを治す化粧水は存在しない、その理由」内に飛びます)

まとめ

今回は、ニキビを治す洗顔アイテムはありませんということで、その理由や治し方などについてお伝えしました。

最後に今回のポイントをまとめ、終わりにしたいと思います。

  • 洗顔料・石けんなどでニキビは治せない!
  • 法的に、洗顔料アイテムでニキビ治療効果をうたうことはできない!
  • ニキビを治すなら、皮膚科やドラッグストアへGO!
  • ニキビは予防してやることができる!
  • 予防をするときは、それ用の薬用洗顔アイテムなどを使おう!

ちょっと細かいお話だったのでは?と思いますが、こういうことを知っておくだけでも、正しい道を歩みやすくなります。

間違ったことをいつまでやっていても、ニキビは治りません。
それどころか、悪化して痕が残ったり、シミになったりすることもありえます。

自己判断で無茶することはやめて、手順を踏んでケアしましょう!

では、チュス!!