プラセンタエキス

今や美容界では名高い「プラセンタ」。
スキンケア商品やサプリメントなどでも、最近はよく見かけます。

色々ネットで見ていると、

  • 肌に塗ると細胞が再生する!
  • たるんでいたシワがピンとなる!

といった情報が目に入ってくることがありますが、果たしてそんな夢のような話はあるのでしょうか?

プラセンタとは?プラセンタエキスとは?

プラセンタエキスとは

プラセンタの意味をご存知ない方に、一応書いておきましょう。

プラセンタとは、ずばり、

 哺乳類の胎盤

のことです。
しかし、最近はその意味が拡大解釈されて、

  • 植物性プラセンタ
    (植物の場合、胎盤に相当するのは「胎座」)
  • 海洋性プラセンタ
    (魚の場合、胎盤に相当するのは「卵巣膜」。魚プラセンタともいう)

といったカテゴリーが現れ、その関係で、本来の哺乳類のプラセンタを、

  • 動物性プラセンタ

と呼ぶようになったようです。
いずれも、よく化粧品やサプリメントなどの宣伝文句でよく聞きませんか?

動物性プラセンタとしては、豚、馬、羊などに由来するものがあり、豚が最も多く使われ、高級な化粧水では馬のものが使われていたりします。
ヒト(人間)のプラセンタは、医療に限って使われているようです。

プラセンタエキスは、そういったプラセンタの栄養成分を抽出したエキスのことを指します。
エキスなので、素材や製造過程によって、効果や安定性も左右されますね。

プラセンタは、栄養成分が豊富

栄養豊富

「美肌のためにはプラセンタがいい!」
「生き生きとした体づくりには、プラセンタが欠かせない!」

とよく聞きますが、それはやはり、プラセンタに含まれている栄養成分が豊富であるからでしょう。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸
  • 酵素
  • ヒアルロン酸 など

といった、胎児の成長にも欠かせない成分が含まれています。

医療では、美肌づくりのためにプラセンタ注射が人気のよう

医療の世界では、シワやたるみの改善のために、プラセンタを注射するといった施術があり、美肌にこだわる女性の人気が高いようです。

美容外科や医療関係のホームページを見てみると、

  • 「細胞の再生に深く関係しています」
  • 「胎盤という自然なものであるゆえ、重大な副作用はないため安心です」
  • 「美白効果やアンチエイジング効果があります」

といった文言が書かれていたりします。

美容界でも、細胞再生効果をうたっていることが・・・

美容の世界でもよく使われるプラセンタですが、上に書いたような文言が美容サイトに載っていることがあります。

・・・が、たとえば「細胞の再生」って、美容液などに求めることができるのでしょうか?

私は、「できない」と思います。
というか、あったら法的に大問題になる気がします。

「プラセンタエキスを肌に塗ると細胞が再生する」はウソだと思う

ウソだと思う

細胞が再生するとは、いわば死んだ細胞が蘇ったりして、シワがピンと伸びたり、たるみが改善したり、肌の色が元通りになったりすることを指すと思います。

が、それは、治療行為によって実現できることはあっても、たかが化粧品やサプリメントでは、そんな効果は期待できないと思うのです。

細胞再生をうたうと、それは医薬品となる

細かいことを言うと、薬機法という法律では、化粧品においてうたえる効果に制限を設けています。

細胞再生・・・というのは、たとえ素人から見ても凄まじい現象です。
もしこんな効果があったら、それは立派な「治療」効果といえますね。

したがって、もし化粧品で「細胞再生可能!」とか言ってしまうと、それは未承認の医薬品とみなされ、薬機法違反となってしまいかねないわけです。

化粧品などのプラセンタエキスの効果は、たかが知れてる

実際、プラセンタエキス配合の化粧水を使ってみても、細胞が蘇ったり若返ったりした試しがありません

・・・これは私だけの経験でしょうか?
いや、使ったことがある人なら、その多くの人が感じていると思います。

言ってしまえば、化粧品ってそういうもんです。
もし凄い効果があったら、きっとそれは化粧品ではないです。

塗るだけで簡単に細胞を再生できたら、たぶん、みんなその化粧品を買います・・・。
(仮にその効果があったとしても、その効果があるとうたうことは、化粧品やサプリではタブーです。)

化粧品のプラセンタエキスは、あくまで、

  • その後に使う化粧品の効果が軽減されないように肌を整える
  • 肌のマッサージをしやすくする

といった役目を担うにすぎないように思いますね。
(実際、それ以上の効果を実感したら、それはそれで実体験として間違いではないとは思いますが・・・。)

でも「夢」を求めるのが人間

プラセンタエキスのことをちょっと悪く言ってしまいましたが、それでも化粧品に「夢」を求めるのが人間だと思います。

元々栄養成分の豊富なものなので、色々と期待してしまいますよね。
私も、ついこのあいだ、「こうなったらええなあ」といった妄想を抱きながらプラセンタエキスを購入してしまいました。

私が購入したのは、fracora(フラコラ)というブランドの『WHITE’st プラセンタエキス原液』という名前の美容液です。

どこまで効果があるのかは分かりませんが、なかなか面白かったので、下記にまとめておきたいと思います。

プラセンタエキス原液を肌に塗ってみての感想

fracora WHITE'st プラセンタエキス原液

この画像の物が、fracora の『WHITE’st プラセンタエキス原液』です。

原液と聞くと100%プラセンタってイメージがありますが、量に法的な決まりはないので、100%とは限りません。
もし100%だとしたら、防腐剤などが入っていないことになり、かえって品質低下を招きます。

fracora の物の成分表示には、

水、BG、プラセンタエキス、プロパンジオール、フェノキシエタノール
※プラセンタエキス(保湿成分)

とあり、プラセンタ100%ではないことがまず判明。
そして、溶媒(水、BG)のほか、保湿溶剤(プロパンジオール)、防腐剤(フェノキシエタノール)もちゃんと入っていることが分かります。

それらをひっくるめて、この美容液では「原液」と銘打っていると考えられます。

想像以上にサラサラな液体だった

さて、そんな fracora の美容液ですが、こんな感じで出します!

 

理科の実験みたいで楽しかったです。

ご覧のとおり、水のようにサラサラな液体です。
とろみもないので、手に出すと、簡単に指の隙間からしたたります。

さっぱりとし、気持ちのいい付け心地

サラサラですから、顔に付けていったときもさっぱりした感じがしました。
ちょうど気温も高くなりつつある頃だったのもあり、そのさっぱり感が気持ち良かったですね。

プラセンタケアをしてからの別の保湿ケアで満足

プラセンタエキスを塗った肌は、ともかくいい感じで湿ります。
そこで普段使っている別の保湿化粧品を塗りましたが、ケアの満足感が違いましたね。

プラセンタエキス自体がどこまで効果があるのかは、先ほどお伝えしたとおり、定かではありません。
あまりこうは言いたくないですが、最悪、ほとんど気休め程度なのかもしれません。

しかし実体験としては、プラセンタエキスを使ってからいつもの保湿ケアをするほうが、やっぱり肌の調子が違う気がします。
摩擦ダメージのことを考えても、ある程度 湿らせ整えてから保湿ケアしたほうが、肌にはいいはずです。

面白い体験をすることができました!

公式 WHITE’st プラセンタエキス原液

今後、プラセンタの過剰宣伝には気を付けよう!

過剰宣伝に気を付けよう

化粧品やサプリメントでは、最近はプラセンタの過剰宣伝が多く見受けられます。

たしかに、美肌の夢を求めることは大切ですし、やめるにもやめられない夢でしょう。

しかし、「細胞を再生させる」とか「シワが消える」とかといった過剰な宣伝を信じても、化粧品やサプリメントではそこまでの効果を得ることは不可能なので、現実を知ってショックを受けてしまうだけです。

本当に改善・治療したいのであれば、迷わず美容外科等に相談に行くのが良いのではないでしょうか。

化粧品やサプリメントは、あくまでも肌や体を整えるもの。そして心の穴を補うもの。
いわば「夢」を売るものであり、お菓子やゲームなどの娯楽品と同じような物だと思います。

だからこそ、絶大な信頼を寄せると、それは空振りになりかねません。
逆に言うと、気楽な気持ちで気軽に使えるものと見ることができるかもしれませんね。

まとめ

以上、「プラセンタエキスには細胞再生効果がある」という文言の是非についてお伝えしました。

最後に、今回の内容をまとめて終わりにしましょう。

  • プラセンタには栄養成分が豊富!
  • 細胞を再生させるためのプラセンタ治療も存在する模様!
  • しかし、化粧品やサプリメントでは、細胞を再生させることはできない!
  • 化粧品やサプリメントは、いわば夢を売るものだと思う!
  • プラセンタエキスを肌に塗ってみたところ、実感としては良かった!
  • 細胞再生を望むなら、美容外科へ相談に行こう!

という感じです。
なんだか夢のないことばかり述べて、すみません。。。

でも、変なうたい文句に騙されないでいただきたいので、書きました。
ちょっとでも参考になったのでしたら幸いです。

チュス!!