小学生や中学生でもシワ

小学生や中学生であっても、笑うと目じりや口もとにシワが生じることがあります。

これは私が研究してそれを突き止めたわけではなく、実際私が小中時代にそういう子がいたから、そう断言できるのです。

でも、そういうのを気にしている子もいるでしょう。
あなたも、ネットで検索してここにたどり着いたかもしれませんね。

今回、小中学生のシワについて、いっしょに考えていきましょう。

なぜ、小中学生でもシワができるの?

シワといえば、歳(とし)をとったときにできるもの、といったイメージがあるかと思います。
肌は、老化すると、しだいにたるんだり、細胞どうしのつながりが弱くなったりします。

だからシワができます。

では、なぜ小中学生でもシワができるのでしょう?
まだこれから成長して大きくなるというときなので、当然、老化なんかまだまだ先ですよね。

私が考えた答えは、以下のとおりです。

骨格などにより、たまたま

一番大きな原因は、もしかしたら骨格にあるかもしれません。
だから、かんたんに言うと「たまたまそうなってしまった」というわけです。

早くも老化が始まった、というわけではありません。
人によって肌の色が少し違うのと同じで、他人との「違い」にすぎません。

ケガをしたところに、シワができることもある

もし顔のどこかにケガをしたことがあるのなら、そこにシワができることがあります。

ケガをした部分は、ヒフが弱って、あとで再生しても元の状態とは少し違ってしまうことがあります。
傷あとというほどのものではないものの、それに近い状態として、シワになってしまうこともあると思われます。

シワはこれから消える?消せる?

では、若くしてできてしまったそのシワは、これから先、消えていくのでしょうか?
それとも、消すことはできるのでしょうか?

これについても、私は以下のように考えてみました。

正直、分からない

正直なところ、どうなるかは分かりません。

・・・でも、希望はもちたいものですね。

成長とともに消えていくことがあるかもしれない

小中学生は、これからどんどん成長していき、骨や顔つきもどんどん変わってきます。
そのときに、シワがだんだん消えていくこともあるかもしれません。

なので、希望を失わないでいただきたいと思います。

私も、子どもの頃は、目の下に2本のシワがありましたが、やがて消えました。
まあ、今は老化によるシワが増えてきましたけどね。

化粧水などで消すことはできない

ひとつ現実的なことを言うと、化粧水などを使ってシワを消すことはできません。
化粧水は、シワを消すためのものではなく、肌の調子を整えるためのものにすぎないからです。

ただ、これから大人になって老化が進んできたとき、肌は乾燥しやすくなります。
そのときに “乾燥小ジワ” というものが目元にできることがありますが、そういったものを目立たなくすることは、一部の化粧水でできたりします。

でも、たとえ歳をとっていなくても、日頃から化粧水を使うことは、肌のために良いことです。

肌を大切にするその気持ちがこそ大事

シワが消えるか消えないかは、「神のみぞ知る」かもしれません。
でも、肌を大切にするその気持ちは、とても大事です。

将来、まわりの友達やクラスメートも老化していきます。

そこでもしあなたが肌についての正しい情報を得て、スキンケアをし、肌を大切にしたら・・・。
いつかきっと、まわりの人を出し抜くことができるかもしれませんよ!

つまり、まわりが老けていく中で、あなただけが今の若々しさを保てる、というわけです。
「今すでにシワがあるから老け顔」なんてことはありません。

老けるのは、人間として美しくあろうとする思いを忘れたとき

美しくあれ

シワがあるかないかは、あまり老け顔の原因ではないでしょう。

まあたしかに、歳をとるとシワは増えますが、歳をとっても若々しく見える人は、シワが増えても、美しくいようと努力しています。
これは、女性男性関係なく、だれにでも言えることだと思います。

見た目だけをケアするのではなく、人間として美しくあろうとする。
常に目標に向かって努力し、また、礼儀をわきまえ、楽しく生きる。

・・・といったことが、なにより大切なことだと思います。

小学生や中学生にとっては、「何のことか分からない」と思うことかもしれませんが、外見ばかりでなく、内面もみがくように努力してみてくださいね。

まとめ

今回は、目などにシワができる小学生や中学生に向けて、シワの今後についてお伝えしてみました。

ポイントは、

  • これから成長するにつれ、シワが消えることがある!
  • 老化するとシワは増えるため、今から肌を大切に!
  • 人間として美しくあれ!

です。

魔法のような解決策を期待した方には、大変申し訳ないです。
今回、現実をつきつけるような形になり、ショックを受けた方もいらっしゃるかもしれません。

でもなぜ現実的なことをお伝えしたのかというと、世の中には、「シワが一発で消えるから!」といって、高い化粧水などを売りつける人がいるからです。

そういった人の甘い言葉を信用すると、結果的に、お金だけがたくさん飛んでいってシワは消えなかった・・・ということになります。

そういった人を信じず、現実を見る目を養っていただきたいなあと思います。

では、チュス!!

おまけ

私が小学生の頃、他の学年に、笑うと目じりに5本ほどのシワができる女の子(Aさん)がいました。
当然、本人はとても気にしていたようです。

それから10年後くらいに、私は小学時代の友人と再会し、Aさんの話になりました。
しかし友人は、Aさんのシワのことは何も記憶になく、むしろ「器量(きりょう)が良かったよね」と言っていました。

(私も友人も、Aさんとはずっと会っていません。)

その後、Aさんはどこかの男性と結婚したとの情報を入手しました。

このように、たとえ小学時代にシワがあっても、人はどう見ているかなんて分からないですし、私の友人のように忘れてしまう人もいます。
そして、ご縁(えん)さえあれば、結婚だってできます

たしかにシワは気になってしまうかもしれませんが、人間として美しくなるよう努力しつつ、前向きに進んでいきましょう!