シャンプーシリコン除去と嘘をついた美容師

シャンプーによく含まれているシリコン(より正確には シリコーン)。

「頭皮の毛穴に詰まるから避けましょう!」といった声、前々からよく聞きませんか?

毛穴が詰まるのは、頭が臭くなったり髪が抜け落ちやすくなったりする原因となります。
つまり、シリコンが入ったシャンプーを使うと、頭皮環境が悪くなるというわけです。

そのため、非常に多くの女性が、「ノンシリコンシャンプーを買わなきゃ」と意識するようになりましたね。

最近では、シリコンは毛穴に詰まらないというのが常識となりつつあります。
なのに、いまだにシリコン害悪説(都市伝説)が世間に広くはびこっています。

少しずつ変わってきているなあという印象はあるんですが、ちょっと前は、美容院とかでもしょっちゅうシリコンの話をされました。

というわけで今回は、それにまつわるお話です。

美容院で嘘をつかれた妹のエピソード

美容師が嘘をついた

私ではなく妹の体験談なんですが、あまりにも面白かったのでシェアしましょう。

まずですね、シリコンが頭皮に悪いと言われていたピーク期、どの美容院へ行っても「シリコン除去」というものがもてはやされていましたよね。

聞いたことがない方のために説明しますと、シリコン除去とは、頭皮の毛穴に詰まっているシリコンを、頭皮クレンジングをすることで取り除くことをいいます。

要は、「日頃何気なく使っているシャンプーにはシリコンが入っており、それが日々毛穴に入り込んで詰まる」といった状況を解決するためのケアですね。

私もしてもらったことがあります。
たしかに、ケア後は、試験管のような物の中が真っ白に汚くなっていました(^^;)

私の妹も同じくやってもらったことがあるようです。

しかし妹は、美容院でケアを受ける前から とっくの昔にシリコンの都市伝説を入手しており、普段からノンシリコン(=シリコンが入っていない)のシャンプー等を使っていました

ところがある日、妹が美容院でシリコン除去という名目のケアを受けたとき、ちょっとおかしな事が起こりました。

なんと、ケアを終えた美容師が、

「見てください!こんなにもシリコンが取れましたよ!」

と、喜び勇んで試験管のような物を見せてきたそうなんです。

おいおいおいおいおい!
私、シリコンの入っていないシャンプーを使ってんだけど?

・・・と、妹は思ったことでしょう。
(当然、美容院で使ったシャンプーやクレンジング剤もノンシリコン。)

にもかかわらず美容師は「シリコンが除去できた」と得意がり、そのまま「ノンシリコンのシャンプーを使ってみたら?」と、店頭にあった商品を勧めてきたんだそうです。

このエピソードを聞いて、私は思わずアハハと声を上げて笑ってしまいました。

やるな!美容師。
そうであってこそ一人前の商売人だ!

・・・って、んなわけないですね。

たしかに「シリコン除去」という名目のケアだったとは思うんですが、必ずしも、皆が皆シリコン入りシャンプーを使っているわけではないですからね。

美容師の発言は、ちょっと天然な商売トークだったわけです。
試験管のような物の中身は、単に、除去した皮脂汚れ。

以上はもうずいぶん前の話ですが、いまだに妹は話します。
相当印象に残る出来事だったみたいです。
そして今は、その美容院には通っていません。

しかも「シリコンは毛穴に詰まらない」が最近の常識

シリコンは毛穴に詰まらない

「シリコンは毛穴に詰まるから、ノンシリコンのシャンプーを使いましょう」といった声が盛んになりましたが、最近では、「シリコンは毛穴に詰まらない」というのが常識になりつつありますし、研究でも明らかになっているそうです。

きっと、シリコンの都市伝説は、マスコミや美容業界が勝手に流行らせたデマだったのではないか?と思います。

美容業界に限らず、いろんな業界には流行り廃りがありますが、自然発生的なものもあれば人為的なものもあります。

その人為的なものこそミソで、その市場を賑わわせるべくして行われるものです。
つまり、わざとトレンドを生ませて、盛り上げ、「流行している」という虚像を作り出すのです。

その結果、ミーハーな消費者たちは、時代に乗り遅れないよう、あるいは自分の立場をある程度高く保つよう、虚像に乗っかっていきます

シリコンの都市伝説もそうで、シリコンを悪者に仕立て上げれば、ノンシリコンのシャンプーが売れるようになりますよね。

単純に、そういうことです。

先ほどの美容師も、きちんと勉強しているはず(だって国家試験を乗り越えたプロでしょう!?)なので、シリコンの性質のことくらい知っていたはずです。

もし知らなかったんなら、厳しいですが、シリコンの話をすべきではなかったですし、「シリコン」じゃなくて「皮脂汚れ」と言っておけば良かったと思いますね(実際そういうケースがほとんどでしょうし)

ま、妹の話もどこまで本当か分かりませんがw

デマ・流行に振り回されないよう気を付けよう!

デマ・流行に振り回されないで

「シリコンは害悪!」という情報を信じて、ノンシリコンのシャンプーを買うのは別に悪いことではないと思います。

疑わしいものを避けようとするのは、それがいくらデマであっても、人間の防衛本能と言えます。

だから、ミーハーな人たちばかりが流行に乗るわけではなく、どんな性格の人にでも、知らず知らずのうちに流行に乗せられてしまう可能性がはらんでいるといえます。

「流行に乗るつもりはなかったのに、気付いたら流行に乗っていた」という経験をした人も少なくないと思います。

また、世間の波に乗り遅れると、生活が不便になってしまうことにもなりえます。
たとえばインターネットとかスマホとかそうですね。
(まあ、流行というより文明の発達かもしれませんが。)

したがって、流行に乗るというのは別に悪いことではないし、ときには必要です。
一時の虚像であっても、それを通して新たな議論が生まれたり、文化・産業の発展につながったりします。

でも、振り回されることだけには注意したい、と私は考えています。

流行に乗ってもいいけど、何も考えずにただただ波乗りするのはダメ。
そんなことをしたら、波にのまれて歯車が狂ってしまうような気がします。

シリコンの件でも、波にのまれてしまうと、思考停止に陥ってノンシリコンのシャンプー信者になってしまい、ついにはシリコンを毒扱いして、あることないことをベラベラと語ってしまう状況になりかねません。

そうなると、まわりは大迷惑ですし、自分自身も苦しくなってしまいます
そしていつか「シリコンは無害」という論が常識になると、途端に掌返しをすることにもなります。

これはもう、完全にアイデンティティーを失った状態といえますね。

そういうふうにならないよう、常に冷静な視点と考える癖を身につけておきたいなあと思います。

シリコンは何のために入っているのか?

シリコンは何のために?

「でも、シリコンの必要性がないなら、僕はノンシリコンタイプしか買わない」

と考える人もいると思うので、シリコンの存在意義を確かめておきましょう!

ざっと、以下の2つです。

1)髪をなめらかにするため

シリコンは、髪の表面を覆ってキューティクルを整え、すべりを良くします。

その結果、手触りが良くなりますし、サラッとした印象にもなりますね。

女性の多くや長髪男性にとっては武器になるのではないでしょうか。

2)摩擦ダメージを減らすため

髪同士の絡み合いや摩擦が減り、いたみにくくなります。

指通りや櫛通りも良くなるので、ブラッシングもしやすくなります

ただ、髪がペタッとなったり、頭皮がべたつくこともある

デメリットもあるので、ついでにお伝えしておきます。

シリコンは油分でもあり、髪が重くなってペタッとなってしまうことがあります。
フワッとさせたいときには、あまり使わないほうが良いかもしれませんね。

また、シリコンによって頭皮がべたつくこともあるようです。
気になるようなら控えたほうが良いと思います。

シリコンは無害だといっても、人によっては負担を感じることもありえます。
これはどんな成分でも言えることで、なにもシリコンに限ったことではないですね。

シャンプーに入っているシリコンの成分名

シリコンには、

  • ジメチコン
  • アモジメチコン
  • シクロメチコン
  • シロキサン
  • シクロペンタシロキサン
  • ジメチコノール
  •   :

・・・などというように、あらゆる成分があげられます。
(「~メチコン」とか「シ」「ジ」っていう字が多いですね!)

シリコンでなくても、シリコンのような役割を果たす成分もほかにたくさんあります。

こうなると、気にするだけ面倒ですね(^^;)
だから私の場合、実際に使ってから使用感を確かめるようにしています。

シリコンはまず無害なのですから、あまり気にする必要はないだろうというのが個人的な思いです。

それよりかは、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」などといった強すぎる洗浄成分が入っていないかどうかを確認したほうが良い気がしますね。

それらは、完全に悪とまでは言えませんが、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮を乾燥させてしまうリスクがあります。
フケ・かゆみの原因、ひいては抜け毛の遠因にもなるようなので、私は気にするようにしています。

まとめ

美容院で起きた妹のエピソードだけを話すつもりでしたが、ちょっと長くなってしまいました。

まとめますと、

  • 妹はシリコン入りシャンプーを使っていなかったのに、美容師に「シリコンを除去した」と嘘をつかれた!
  • シリコンの都市伝説は一種のデマ!
  • デマは流行(トレンド)を作り、新たな商品を売る戦略か!
  • シリコンはまず無害だし、毛穴には詰まらない!
  • シリコンは髪をサラッとなめらかにし、傷みにくくする!
  • シリコンが無害といえど、肌に負担になるかならないかは別次元の話!
  • シリコンを気にするくらいなら、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが入ってない物を探そう!

となります。

なおシリコンは、より正確にはシリコーンといい、シリコーンオイルということもありますので、あわせて覚えておかれると良いでしょう。

では、チュス!!