体臭に香水を使う前に

「ワキのにおい(ワキガ)が気になる」
「この汗臭さを消して、少しでもクリーンな男だと思われたい」

との思いで、香水を使っている人は多いと思います。
私もしょっちゅう香水をつけて出歩いています。

でも、香水で体臭を抑える前に、「これをやっておくべき!」という1つのことがあります。
これをすることで、より体臭が抑えられるばかりでなく、香水の効果を最大限に引き出すこともできます。

体臭対策をするからには、確実に、かつ効果的なケアをしていきましょう!

香水は「諸刃の剣」である

香水

香水は、たしかに香りを体にまとわせることができます。
種類にもよりますが、長いものだと効力は一日もたせることもできますね。

しかし、デメリットも存在します。

香水の目的とできること

香水の目的はずばり、香りをつけて、体からフワッと香りを放つことです。
その人なりの個性を「演出する」ことができます。

上手く使えば、デートや仕事での武器として使うこともでき、しばしば、自信や気分の向上にもつながります。

香水のデメリット

香水のデメリットは、まず、つけすぎるとクサい、ということです。
また、その人のイメージとかけ離れた香りだと、ちょっと違和感が出てしまいますね。

それだけでなく、体臭(汗臭さやワキガなど)と混ざることで、香水本来の効果が得られないばかりか、不快なニオイになってしまうこともよくあることです。

せっかく良い香りの香水でも、それは台無しになり、むしろ「クサい人だ」と後ろ指を指されたりする可能性がある、というわけです。

本人が良かれと思っていても、まわりの人にとっては全然そんなことない。
・・・なんとも痛々しく、残念です。

仮に、誰かから「体臭と香水のブランド臭がする」ととがめられたとして、そこで「ならば!」と香水をつけすぎてしまうと、なおさら鼻をつくような激烈なニオイとなってしまいます。

最近の言葉を使えば、スメルハラスメントともいえる状況ですね。

実は口臭よりも臭う体臭

体臭は口臭よりにおう

「自分はあまりワキガが気にならんからいいや~」
と思っている人でも、体臭に対し、多少は気にかけたほうが良いかもしれません。

体臭は、実は口臭よりも臭っているといった謂れもあります。

もちろん、人によって臭いやすい人と臭いにくい人がいますが、人間の嗅覚というのは自分の体臭には鈍感ですし、たとえニオイがしても周りの人はなかなか指摘してくれません

でも明らかに、まわりの人は、自分とは違った嗅覚の持ち主。
遺伝的な相性も少し関係するようではありますが、他人のニオイは基本的に心地良いものではありません。
(自分の意識とは別に、ニオイが原因で本能的に他人から遠ざかろうとしてしまうこともよくあることでしょう。)

ニオイひとつで他人が持つ印象は変わってきます。
ケアしている人とそうでない人とでは、自分の気付かないところで、人からの見方が変わるものです。

 補足 「体臭なんかない」といくら自信を持っていても、ワキなどにアポクリン汗腺が存在する以上、そこから滲み出る汗が原因となって体臭が発生し得ます。当然、香水の香りとそのニオイは混ざります。運が良いと魅力的なブレンド臭になるかもしれませんが、まず不快臭になると思っておくのが良いでしょう。

「香水の良さを最大限に引き出す」ことが今回の目標

香水の良さを引き出す

香水の良さを最大限に引き出すには、あらかじめ、

  • 体臭の原因にうったえかけ、直接的にニオイを抑える

といった作業が重要となります。
もっと大げさなことを言えば、

  • 香水でごまかさなくても、体臭が気にならない

といった状態にするというわけです。
これは「香水を使うな」ということではなくて、「香水を使わなくても良いくらいまで体臭を抑える」という意味です。

香水の効果がかえって宝の持ち腐れになってしまう気もするかもしれませんが、香水の目的は、あくまで個性の「演出」であるわけなので、特に問題ありません。

体臭が抑えられれば、香水の香りを最大限に引き出すことができます。

デオドラントを使ってニオイの原因へとアプローチしよう!

ニオイ原因へアプローチ

香水の前にしておきたい対策は色々あります。
風呂で体をきちんと洗うことや、通気性・発汗性の良い衣服を着ることなどもそうですね。

ただ今回は、そういったベーシックな対策ではなく、

デオドラント(体臭対策アイテム)を使って、ニオイの原因へとアプローチする

といったケアをいい、これこそ今回やるべき1つのケアのことです。

もっと具体的に言うと、

  • 発汗を抑える
  • ニオイの原因となる菌の発酵を抑える(殺菌)

となります。
まあ、いざ書いてみるとよくある方法だとは思いますが、「香水を付けるからそんなケアしないよ」という人も少なくないような気がします。

では、上記のケアが可能なデオドラント例を下記にて1つ挙げてみるので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのデオドラント一例「ガレイド」

ガレイド

今回ご紹介するのは、「GALLEIDO(ガレイド) デオドラントクリーム」です。
男性向けですが、女性でも問題なく使えるアイテムです。

(以下では「ガレイド」と表記します。)

ガレイドでは、隙間なく塗れて、香水と喧嘩もしない

ガレイドは、

  • 汗臭
  • ワキガ
  • 加齢臭
  • チーズ臭
  • 皮脂臭
  • 酸化臭

などが気になるところにスムーズに塗れるアイテム。
クリームなので、伸びも非常に良く、入り組んだ箇所まで余すことなく塗れるのが便利ですね。

香りづけもされていないため、香水と喧嘩することもありません。
逆に、香水をつけなくても、制汗と菌抑制の効果により、体臭を軽減することが可能です。

定期購入のほか、単品購入などができます。
価格はややしますが、即効的な消臭効果が期待でき、容量も50g(1~2ヶ月分)あるため、コスパは悪くない部類でしょうか。

なお、中身は下記の動画のとおりです。
(音・音楽が出ますので、音量にご注意ください!)

ガレイドを使うときの注意点

「今日はデートだ!体臭を消すぞ!」と躍起になるあまり、あれもこれもとデオドラントや制汗剤を使ってしまう人がいますが、それはNGです。

ガレイドを使うと決めたら、

  • 他のアイテムなど複数使わない

ようにします。
そうしないと、ガレイドの良さや他の制汗剤の良さが、互いに喧嘩したり、肌にも負担になったりすることがあります。

ガレイドは少量でも伸びが良いため、むしろほかのアイテムは使わなくても間に合います。

また、ガレイドを大量に塗る必要もないでしょう。
必要最低限の量を、肌にうすく引き伸ばして塗ればOKです。

クリームなので液体タイプよりは汗に流れにくいメリットがありますが、

  • 大量の汗をかいたときは塗り直し

をおすすめします。

清潔な状態で塗るようにすると、より効果的でしょう。

ガレイドの効果や使用感について

有効成分は、「フェノールスルホン酸亜鉛」と「シメン-5-オール」です。
それぞれ、制汗効果殺菌効果を持つ成分で、これらがガレイドの主役といえます。

また、実際にワキに使ってみたら、最初のうちは少しヒヤ~ッとした冷涼感を感じました。
ワキに冷たい微風が通るような感覚です。

成分表示をよく見ると「メントール」が入っていることが判ったので、これのお蔭でしょう。

メントールについては「必要ない成分」と言う人もいるかもしれませんが、クリームだと肌に密着して暑苦しく感じてしまうことがあります。
そこを改善してくれるのがメントールではないでしょうか。

・・・以上、ガレイドのご紹介でした!

公式 GALLEIDO デオドラントクリーム

まとめ

以上、香水を使う前にやっておくべきたった1つのことをお伝えしました。
ずばりそれは、

  • デオドラント(体臭対策アイテム)を使って、ニオイの原因へとアプローチする

といったことでした。
具体的には、デオドラントを使って制汗と殺菌し、その後の香水の香りが体臭とブレンドされないようにするということでしたね。

運が良ければ、体臭と香水の香りのブレンドは功を奏しますが、大方、ブレンド臭は不快なもの。
ケアをして完璧にクリーンにしたつもりでも体臭はするものですが、そのときにはじめて、香水の香りとのブレンド臭が魅力的なものになるのではないでしょうか。

夏は特に臭いやすい時期。冬も、厚着や暖房により汗をかきます。
一年をとおして、デオドラントケアを日課にしていきましょう!

では、チュス!!

P.S.
ワキのケアは自己健診にもなります。乳がんや腫瘍のチェックのことです。
男である私も、乳がんではないですが、腫瘍を発見したことがあります。
ワキに限らず、美容におけるケアは、そういったメリットも生むものですね。