東急ハンズで失敗

私は、最近はネットを介して物を買うことが多いです。
でもたまに東急ハンズを利用しています。

(あ、「東○ハンズ」というように伏字にしようと思いましたが、どうせ分かるし、大手なので影響も少ないかと思い、包み隠さず「東急ハンズ」と書いていきます。)

結論からいうと、あくまで私の場合、東急ハンズでの失敗が何度もあります。
高い物を買っても、品質がいまいち・・・ってことがあります。

今回はそんなお話です。

東急ハンズでの幾度もの失敗

まずは、失敗談から語ってみましょう。

期待していたとおりではなかった

過去を振り返ると、東急ハンズで「これスゴそう!」「これ良さそう!」と思って買っても、いざ使ってみると「えぇっ?」「しょぼぃ・・・」ってことが幾度かありました。

棚で目につく物たちは、全体的に、地元(田舎)のホームセンターにある物よりも比較的値段が高い
それに、品質の良さそうな顔をしていて(実際良いの?)、何とも言えぬ魅力があります。

だからか、私は自然と高い期待を寄せてしまっていましたし、今もそうです。

失敗例

  • 歯のステインクリーナー 
    ⇒ 価格は忘れた(1,000円弱だったかな)が、歯が白くツルツルになりそうな商品だったので購入。使ってみてもまったく変化が無く(歯の表面の茶渋がまったく落ちなかった)、さらに使いづらくて手が痛くなった。
  • 歯間フロス
    ⇒ これも価格は忘れたが、数量の割に高く、それがかえってスゴそうに見えたが、糸が歯間に入らず、イラついて力を込めるとすぐにプチンと…。おまけにフロスの柄の部分が短く、さらに尖っており、手が痛かった。
  • 日傘
    ⇒ 3,000円ほどで折り畳み日傘を買ったが、いざ使ってみると、そよ風程度でもあおられ、バッと裏返ってしまう。
  • 部屋の空気を快適にするスプレー
    ⇒ そこらホームセンターでは500円くらいでも売っていそうなアイテムの高品質タイプ。1本1,000円以上出して買った記憶があるが、いざ使っても大して部屋の空気は変わらず・・・。ニオイもちょっと強く、あまり良いとは言えなかった。

いずれも値段は安くない

私が買った失敗物は、そうべらぼうに高いわけでもないですが、安くもなかったです。
その辺のホームセンターの物よりは当然に高かったです。

いずれも高い期待値があった

安くはないがべらぼうに高くはないその商品たちは、なんだか魅力的でした。
パッケージを見ても高い効果がありそうに見え、費用対効果(コストパフォーマンス)も抜群そうに見えました。

一口に言えば、期待値が高かったと言えます。

期待を寄せすぎたから、品質が悪く感じられたかもしれない

期待を寄せすぎた

東急ハンズに限らずどこで買っても同じことだと思いますが、商品に期待を寄せすぎて、品質が悪く感じられてしまうことが往々にしてあるような気がします。

ところで、私が行く東急ハンズの場合、土地として非常に良い場所にあります。

当然その一帯の物価は高く、私の地元(田舎)に比べると、1.2倍増しくらいになっている印象です。
さらに、置いてある商品自体も、ブランドや品質が田舎のとは違っており、その分価格が跳ね上がります。

そのせいか、「ここに売られているものは全て品質がイイ!」っていう錯覚に陥ってしまうのですね。

そう、東急ハンズでの失敗は、おそらくそのせい。
つまり私の責任なんです。

元々東急ハンズには「高い」というイメージがありますが、「その分品質も良いのだろう」と信じている部分が私にありました。
失敗を重ねても、「今度こそはアタリのはずだ」と思ってしまっていました。

「高いけど品質が良い」との声が多い印象

ネットで調べてみると、東急ハンズのことを好む人もいます。
「高いけど品質が良い」といった声を見たこともあります。

やはり庶民的感覚では「高い」とは感じるものの、色々な声を見てみると、一定の品質は保たれているようです。
「ハンズ女子」なる言葉もあるようなので、それだけ東急ハンズを好む人は多いみたいですね。

じゃあなぜ私はいつも失敗商品ばかり選んでしまうのか・・・。
なぜ私は東急ハンズに不満感を抱いているのか・・・。

それは、先ほど書いたように、値段以上の期待値を寄せてしまっているのもひとつあると思います。
が、もうひとつ、「ケチっている」というのも原因にあるような気がしてきました。

もっと高い物を買えば、やっぱり高品質なのか

高い物は高品質?

私がネットで物を買うときは、商品の詳細情報を調べ、補足で口コミを見てから購入します。
そのときの思いは確固たるものなので、割と高い物でも躊躇しません(たとえ口コミで悪く言われていても、自分の意思が固いときは高い物でも買います)。

しかし東急ハンズで買うときは、思い付きだったりすることが多く、あらかじめ商品情報や口コミを調べるようなことはあまりしません。
それに、その売り場の雰囲気に流され、勝手に気分が高揚して「ああこれ良さげ!」と思ったりしてしまいます。

そして、「安い物だと失敗するだろうな」「かといって高すぎる物は贅沢だよなあ」「あ!このデザインがいいなあ」「でもこっちのほうがお得な感じがするなあ」と、限られた品数の前で色々なことを考え、結局ケチって、相対的にちょっと安めの物を購入します。

いや、”安めの物” といっても、東急ハンズは全体的に物価が高いため、地元の物に比べれたら高いわけです。
その分は、やっぱり期待を寄せてしまいます

で結局、先ほど書いたように失敗するわけです。

でも、もしもっと高い物(たとえば芳香剤なら、1,000円や2,000円のではなく5,000円くらいするやつとか)を買ったら、やはり品質は良いのでしょうかね?

一度試しにやってみようかな~とも思いますが、そもそもはじめから何か高い物を買う気なら、ネットでポチッとやったほうがきっと楽。
それに詳細を調べたりもしたいから、きっと東急ハンズにおもむいてまで買うことはないかもしれません。

つまり、東急ハンズで何か買うときは、やっぱりまた中途半端にケチってしまい、「あぁ!今回も失敗だ~」と嘆く羽目になるのでしょう。
そんな未来の私の姿が目に映りますw

まとめ

東急ハンズの悪口みたいになってしまいましたが、「評価を下げてやろう」とか「こんな店には行くな」とか、そういうことが言いたいのではありません。

私の買い物の仕方に問題があるはずだってことです。

きちんと下調べせずに、とにかくケチることばかり考える。
にもかかわらず変に期待を寄せすぎるから、見事に失敗する(失敗したと感じてしまう)わけです。

東急ハンズで何度も満足な買い物をしている人は、きちんと計画的に、的を絞った買い物をされているのだと思います。

ま、今回の話をかな~り平たく言えば、

 私と東急ハンズは「相性」が良くない

ってわけですね。
それが今の正直な気持ち。

なんだかんだ、あんまり波長が合わないんだと思います。
そういうことでしょう、きっとw

では、チュス!!