男の腕の日焼け対策

暑くなってくると、当然腕を露出させる頻度が増えてきます。
特に春から夏にかけては紫外線が強まる時期であり、日焼けも心配ですね。

そこで今回は、「男も腕の日焼け対策をしよう!」ということで、そのメリットや適したアイテムについてお伝えしていこうと思います!

もちろん、女性でも参考にしていただけるかと思います。

日焼け対策をすれば、当然焼けない!

日焼け対策で肌は焼けない

まずは日焼けの基本事項ですが、当然、紫外線を浴びなければ肌は焼けません。

地表に降り注ぐ紫外線には、UV-A(A波)とUV-B(B波)がありますが、以下の影響をもたらします。

  • A波:肌を黒くくすませたり、シワやたるみを増加させる。
  • B波:肌を赤く炎症させる。痛みを伴い、皮膚癌の原因のひとつにもなりうる。

A波による影響は大きく、冬であっても軽視できませんが、夏場はB波の量もぐっと増えます。

マリンスポーツでは、黒くセクシーなボディを見せたい男性は少なくないかと思いますが、それは専門家のもとでうまく焼けばのお話です。

日焼け対策は、ずばり日光をなるだけ当てないこと。
そして日焼け止めをきちんと塗ることです。

紫外線が当たらなければ、肌の黒化、老化、炎症などを防げます!

腕の日焼け対策をすると訪れる、数々のメリット

日焼け対策のメリット

腕の日焼け対策によって、あらゆるメリットがもたらされます。
下記では、健康面でのメリットと美容面でのメリットに分けてお伝えしましょう。

健康面でのメリット

  • 無駄なシワやたるみを防ぐことができる
  • 無駄なシミやくすみを防ぐことができる
  • 湯に入っても痛みにくくなる
  • 腕毛のケアをしても痛みにくくなる

美容面でのメリット

  • きれいな素肌に近い状態を維持できる
  • 握手などで、クリーンな印象を与えることができる
  • 若々しい腕を保つことができる
  • クールな感じに見せることができる

日焼け対策の度合いや元々の肌の状態にも左右されますが、かなりざっくり言ってしまえば、上記のメリットがもたらされます。

「日焼け対策をすれば完璧な腕になる!」とは豪語できませんが、やれるならやったほうが良いですね。
たかが腕、されど腕、です(特に顔は命です!)

一応、デメリットも・・・

日焼けをしないと、一応デメリットも生じます。

セクシーな感じや情熱的な感じには見えなくなるので、そういった姿を求めている人は、あまり日焼け対策を積極的にしないほうが良い場合もありますね。

ただ最近は、肌を焼かなくても肌を一定期間だけ黒く演出するアイテムがあるので、「ここぞ!」というときだけ使ってみるのも賢明な方法かと思います。

それについて詳しくは、「肌を焼かずに黒くする安心な方法はコレ!ただひとつ!」と題した記事をご覧ください。

腕に適した日焼け対策アイテム

腕に適した日焼け止め

腕に適した日焼け対策アイテムとは、主に次の特徴を持ったものです。

  • 伸びがいい

伸びが悪いと、塗るのに時間がかかるばかりでなく、イライラしてヤル気を削がれます。
毎日きちんとケアを継続するには、やっぱり伸びの良さは重要ですね。

あと、外での長時間作業やスポーツなどをしない限りは、

  • 効果が強すぎない

というのも大切な要素です。

「え?効果は強いに越したことないんじゃないの?」って思った方もいると思いますが、強すぎる日焼け止めは、かえって肌に負担となり、特に敏感肌の人だとボロボロに荒れてしまうことさえあります。

夏場であっても、日常生活で使う分には、“ほど良く効果がある” という点がポイントです。
隙間なくきちんと塗り、必要に応じて塗り直せば、それでも十分に効果があります!

 補足 A波を防ぐ効果をPA、B波を防ぐ時間的効果をSPFといいますが、SPFがだいたい20~30程度、PAは++~+++で十分です。ただ、直射日光下での作業が長時間にわたる場合やマリンスポーツ時などは、SPF30~50、PA+++~++++が必要になることもあります。

では、以下にてアイテムの例をあげたいと思います。

日常使いに
: ZIGEN UVクリームジェル

ZIGEN(ジゲン)は、男性向けの化粧品ブランドです。
最近よく聞くようになりましたし、どんどんシェアが伸びているようですね。

このブランドの「UVクリームジェル」は、日常的に使うアイテムとして、顔・ボディーのどちらにも適しています。
少量でも伸びが良く、落とすときも石けんやボディーソープ等で簡単に落ちてくれます

ペールオレンジ色のピーナッツバターのようなクリームジェルですが、ファンデーションのように肌に色が着くことはありません(ツヤ感などにより多少明るい印象にはなります)

ノンケミカルで、紫外線反射剤(酸化チタンなど)を使って紫外線を反射させます。
その反射剤がやや粉っぽくはありますが、ケミカルな紫外線吸収剤に比べれば肌にやさしいといえます。

この日焼け止めについては、別途 体験レビュー をまとめておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

公式 UVクリームジェル

長時間外作業・スポーツ時に
: POLA ホワイティシモ UVブロック

化粧品ブランドとして名高いPOLAの日焼け対策アイテムです。

効果が強すぎるレベルであるため、日常使いには向いてないと思われます。
そのため、直射日光の下で長時間作業したりスポーツしたりするときに、役に立てると良いかと思います。

主に2種類あるので、下記にて特徴を簡単にまとめておきましょう。

  • シールドホワイトプラス(薬用)
    :薬用美白日ヤケ止め美容液。水気防止だが専用クレンジング不要。メラニン生成抑制によりシミを防止(美白)。ナチュラルハーブの香り。
  • ミルキーフルイド
    :紫外線吸収剤フリーの日ヤケ止めクリーム。水気防止だが専用クレンジング不要。子供にも使える。無香料。

なお、公式ページにはもうひとつ「B.A プロテクター」というものがありますが、顔・デコルテ用となっており、なおかつ近赤外線カット効果も備わっていて、かなり高額です。

公式 WHITISSIMO

日焼止めを使う以外の、腕を焼かない対策

日焼け止め以外の対策

日焼け止めを使えば、塗った分だけたしかにある程度の効果が望めます。

ただ、「日焼け止め成分を肌に密着させる」という行為が苦手な人や、肌に異常があって日焼け止めを使えない人、さらには、日焼け止めだけでは物足りない人がいると思います。

そういう人は、以下の対策を実行してみてはいかがでしょうか?

  • 薄い長袖を着る/羽織る
  • 濃い色の日傘をさす
  • なるべく日光下を避けて生活する

では、ひとつずつ説明していきましょう!

薄い長袖を着る/羽織る

夏場には厳しいかもしれませんが、長袖を着ることで当然日焼けを防げます。

厚手のものであるほどシャットアウト効果があり、高い紫外線よけ効果を発揮してくれますが、暑い時期であれば、薄手のものを着たり羽織ったりするのが良いと思います。

湿度が高い夏には、通気性や汗取り効果の良さも考慮して、服選びをしてみましょう。

熱がこもったりすると、かえって熱中症にもなりかねないので要注意です。
男性だとスーツを着る人も多いですが、やはり前提として、クールビズ推奨です!

濃い色の日傘をさす

男性だとなかなか日傘をさす人はいませんが、もし恥ずかしくなければ、堂々とさしてみてはいかがでしょうか?

白い日傘は紫外線を反射し、黒い日傘は吸収します。
アスファルトで反射した日光は、白い日傘の内側にも反射して肌に突き刺さるので、それを考えたら黒い日傘のほうが多少は良いかもしれません。

なるべく濃いめで、なおかつ男性にも良いデザインの日傘を選んでみましょう!

なるべく日光下を避けて生活する

可能であれば、言うまでもなくこれが一番の対策です。

地下を歩ける環境にある人は、地上ではなくなるべく地下を歩きましょう。

まとめ

以上、「男でも腕の日焼け対策を!」ということで、そのメリットや適したアイテム、対策についてお伝えしました。

最後に、今回の内容をまとめておきたいと思います。

  • 腕が日焼けしていないと、きれいでクリーンなイメージに!
  • 炎症していなければ、腕毛のケアや入浴時にも痛まない!
  • 紫外線の影響を最小限にすることで、腕の無駄な老化を防げる!
  • 日常的に使うには、効果が強すぎず伸びの良い日焼け止めを!
  • 外作業・スポーツの時間が長いなら、強い日焼け止めを!
  • 長袖や日傘などでも対策しておこう!

今回お伝えした内容には、顔やデコルテの日焼け対策と共通する部分が多々あります。
ぜひ幅広く対策なさってみてくださいね。

では、チュス!!