臭いサラリーマンは対策を

私の妹は、電車(特にラッシュ時)に乗ることがあまり好きではないそうです。

その理由は「臭いから」とのこと。
女性は香水や化粧のニオイがきつく、男性は体臭や口臭がきつい、と言っていました。

中でも、サラリーマンには臭い人が多いらしいです。

私もよく電車に乗るのですが、たしかに、サラリーマンの中には、「この人と一緒には仕事をしたくないなあ」と思ってしまうくらいのニオイの人もいました。

今回は、ニオイを気にするサラリーマンのための最低限の対策について考えてみましょう!

妹の言う「臭いサラリーマン」

臭いサラリーマンとは

私が思うに、サラリーマンには、

  • ほぼ繊維のニオイだけの人
  • 整髪料や香水が香る人
  • タバコ臭や歯周病臭がする人
  • アルコール臭がする人

がいて、一概に「サラリーマンはこのニオイだ!」と決めつけることは、当然できません。

しかし、妹はある日、こう言いました。

「サラリーマンって、ウンコ みたいなニオイする人けっこういない?」

・・・このブログ記事のタイトルに「XXX」と入れましたが、ずばり、XXX=ウンコ です。

いや~、妹がいきなり何を言い出すのかと思ったら、なかなか衝撃的なことでしたね。

私は思わず、

「いるよなぁ、ウンコみたいなニオイするサラリーマン」

と答えてしまいました。
だって、前、隣に座っていた30代くらいのサラリーマンから、ウッとなるようなニオイがしたんですもん。

振り返ってみると、たしかにサラリーマンには臭い人がたまにいます。

妹は続けて、

「でも、ウンコだなんて言うのは失礼かも。たぶん、汗が臭くなるくらい、相当ストレス溜まってるんだろうね」

とも言っていました。

私は、妹からそういう話を聞き、この記事を書こうと思い至りました。

ニオイの発生原因と対策は何か?

ニオイの発生原因と対策

では、ニオイの発生原因は何なのでしょうか。

妹が言っていたのも含めると、下記のことが考えられると思います。

  • 歯周病、虫歯
  • 美容ケアの不届き
  • 積み重なるストレス
  • 胃腸の不調
  • 尿跳ね

では、ひとつずつ見ていきましょう。
同時に、対策についても触れていこうと思います。

歯周病、虫歯

仕事に追われるサラリーマンには、歯周病や歯の病気があっても、なかなか歯科受診することができない人が多いのではないでしょうか。

すると、歯垢や歯石、そして歯槽膿漏、虫歯といったトラブルがどんどん増進してしまい、それがニオイの発生源となりえます。

口内トラブルはウンコ口臭を招く大きな原因とも言われています。
そして、口と鼻とがつながっているため、鼻息まで臭くなってしまいます

電車内で観察していると、サラリーマンはよくアクビをしたり、フーッと息を吹いたりすることがやたら多いのですが、もし歯周病等だと、臭い息が数メートル先まで届くこともあるでしょう。

会社等では健康診断がありますが、法的には歯科検診が必須となっているとは限りません。

したがって、定期的に自主的に歯科検診を受けるのが安心です。

口内トラブルは万病の元ともいいますし・・・。

美容ケアの不届き

女性に比べると、男性の美意識は低い傾向にあるでしょう。

上でも触れたマウスケアについてもそうですが、スキンケア然り、ボディケア然り・・・。

たかが美容ケアですが、特にデリケートゾーンや顔・頭のニオイケアは、怠ると強いニオイにつながりかねません。

毎晩、きちんと顔や体を洗い、皮脂の酸化臭や汗やアカ汚れを落としてやることが、ニオイ防止には奏功するはずです。

頭皮については、男性は割と気合いを入れてケアする傾向にあると思いますが、洗髪だけでなく、保湿をすることも大切ですよね。

頭皮のニオイ対策については、「冬に頭が臭いのは乾燥!?保湿を絶対に欠くべからず!」という記事にも詳しいので、よろしければぜひ!
(「冬」と書いてありますが、夏であっても参考にしていただけるかと思います。)

積み重なるストレス

ストレスが溜まることで、内臓の働きが弱ったり、免疫が低下したりします。

それにより、先ほど挙げた歯周病や虫歯の罹患率が上昇します
風邪などにもかかりやすく、炎症による膿(うみ)が溜まって息が臭くなったりもします

ほか、「股間が臭い!?今日から始める、男のための消臭対策!」という記事にも書いたように、肝機能低下などによって汗が臭いやすくなることもあります。

サラリーマンにとっては、ストレスとの闘いはずっと続きます。
おそらく、解消しても解消しても、なお積み重なっていくことでしょう。

自分の力でストレスを解消したりストレス要因を払拭することも大切ですが、社会全体が、ストレスに対してもっと敏感になるべきなのではないでしょうか。

時間がかかりますが、厚生労働省もメンタルヘルスに対しての案を打ち出しているので、広く浸透していってほしいですね。

それと、もし心の病を自覚していたり、原因不明の体の不調が増えてきたら、心療内科や精神科の受診をおすすめします。

胃腸の不調

サラリーマンは、食事の栄養バランスも偏りがちです。

接待や飲み会などで、しょっちゅう脂っこいものを食べたり、アルコールや炭酸飲料を飲んだりしていることと思います。

そういった質の悪い食生活を続けていると、胃腸が不調となり、消化機能が不安定になり、便秘・下痢などが引き起こされやすくなります。

特に便秘はウンコ口臭の原因にもなりやすいと言われているので、注意が必要ですね。

下痢も、電車内で悩まされるサラリーマンは少なくなく、「ちょっと出ちゃった」「パンツについてしまった」といったケースもあるようです。

食事ばかりだけでなく、先ほどのストレスや睡眠生活のアンバランスも、胃腸の不調を増進させてしまいます。

できる限り、幅広い目で対策を打っていきたいものですね。
胃腸の不調が長引くときは、内科(消化器内科、胃腸科など)を受診されると良いでしょう。

そして、下痢が心配な場合は、水なしで呑める整腸薬を持参しておくのも必須ですね!

尿跳ね

男性の多くの人は、排尿時には小便器を使うことと思います。

でもあれ、けっこう跳ねるんですよね。
で、衣類に付着してしまうのです。

あまり臭わない尿であれば良いのですが、食べた物や体質・病気などの都合によっては、尿は臭いやすくなります。

大便器に座って排尿すれば、ほとんど跳ねませんし、床を汚すこともありません。
ついでに、奥様に「床を汚すな」と叱られることも減るのではないでしょうか?

その他

上記では、サラリーマンによくありがちな原因について見ていきましたが、体臭・口臭の原因は、ほかにも色々あるでしょう。

たとえば、日本人に多い糖尿病患者の場合も、ニオイが強くなることがあるようです。

病気はなるべく早いうちにやっつけ、もし不治の病であるなら、少しでも寛解状態にもっていくことが大切です。

そういえば、トリメチルアミン尿症(魚臭症)というケースもあるかもしれません。

トリメチルアミン尿症だと、食べた物を消化する際に発生するトリメチルアミンが、肝機能障害や先天的な異常によって分解されず、汗や尿、息に溶け込んでしまうそうです。

トリメチルアミンは魚が腐ったようなニオイがするため、魚臭症、魚臭症候群とも言われているみたいですね。
ほか、下水や生ゴミのようなニオイと表現されることもある模様。

ですが、食事療法でニオイを緩和することが可能のようです。

・・・と、ここではトリメチルアミン尿症を例にとってみました。

ケアをしているのにもかかわらず、自分の体臭や口臭があまりに強くて気になる場合は、とりあえず病院に相談を持ちかけると良いと思います。

まとめ

今回は、臭いと自覚しているサラリーマンに向けて、原因と対策についてお伝えしました。

最後にまとめておきたいと思います。

  • 歯科で定期健診を受けて、口内・歯の健康を保とう!
  • 美容ケアにも力を入れ、ニオイを軽減させよう!
  • 個人としても社会としても、ストレスを減らす努力を!
  • 食事や生活に気を付けて、胃腸の調子を整えよう!
  • ニオイが気になるときは、躊躇せず病院に相談しよう!

特に触れませんでしたが、日頃の歯磨きやマウスウォッシュも欠かせませんね。
汗をかきやすい人や臭いやすい人は、制汗も大切です。

体臭の対策アイテムには、例えば下記のようなものがあります。
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

⇒ NULL デオドラントゲル

では、チュス!!